文章術

ITツール Webディレクターの仕事

2022/3/24

チャット向け文章術!ニュアンスやテンションを伝えるために実践している工夫

メールでのコミュニケーションが減り、SlackやLINEなどのチャットによる会話が増えてきました。 メールではビジネス的な文章でのやり取りが主体となっていましたが、チャットもうすこし砕けた表現が許されるような気がしています。すくなくともぼくはそう感じており、親しき仲にも礼儀はありつつ、より微妙な "ニュアンス" を伝えやすくなりました。 特に対面での会話が減ってしまったいま、文章のあり方が変わってきています。 目的は「伝えること」ですが、ただ文脈を文意、言葉の意味を伝えるだけでは足りません。ニュアンスや温 ...

Webディレクターの仕事

2022/3/4

引き算の文章術!プロが実践している読みやすい文章の作り方

字を書いて、相手に伝える。それだけなのに、これがとても難しい。 想いはどうしたら相手に伝わるのか。考えても考えても、いまだに答えは出ていません。 ですが幸いなことに、毎日10,000人以上の方が、ぼくの文章を読みにきてくださっています。これはとてもとても有難いこと。 ですが、ぼくの文章は特別なものではありません。クセもなければ、笑いも取れない。 唯一、ぼくが「ばんかの文章」を書ける理由があるとすれば、それは私の文章に対する考え方だと思います。 それが、「文章は引き算だ」という考え方。 長く書こうと思えば、 ...

メディア運営

2022/2/23

文章の改行位置は「揃える」より「リズムと緩急」を意識したほうが読みやすい

いつからだったか、もう覚えてもいないのですが、「文章を書くなら改行位置を揃えてあげると読みやすいよ」と教えてもらって、それを従順に守ってきました。 ビジネスメールでも、きちんと改行位置が揃う位置で改行をいれて、体裁をととのえるのです。そうすれば、左から右への目線の動きが一定になって、文章は読みやすい。 いまでも、一理あると思います。しかしいまは、すこし考え方が変わってきまして。「適当な文脈で改行をいれて、リズムと緩急を付けたほうが読みやすいのではないか」と考えています。

Webディレクターの仕事

2021/4/29

Webライティングの文章こそスマホで作るべき理由

ブログを書いている人の多くは、おそらくパソコンに向かってキーボードをバチバチ叩いていることだろうと思う。 私もそうだ。10年ぐらいそうしている。 しかし最近 HHKB HYBRID Type-S を手に入れて、スマホでもHHKBが使えるようになったことで、初めて気がついたことがある。 ブログの文章こそ、スマホで書くべきなんじゃないかと。

エッセイ

2021/2/1

ひらがなの抽象化した「かたちかな」に感銘!人のもつ推理力の落とし穴

ときに、以下の画像が何を示しているか、わかるだろうか。 答えはひらがなの「ま」である。 これは、とある方が Twitter で公表した卒業制作で、名を「かたちかな」というらしい。読める読めないの境目・抽象化の限界を測るもので、センスに溢れた作品だ。 卒業制作で近づくと読めなくなるひらがな『かたちかな』を作りました 読める / 読めない の境目やかたちの省略について考えてました ご覧いただきありがとうございました! pic.twitter.com/IgZlFHpCiA — ぃぃ (@e_ocot ...

Mac メディア運営

2021/1/30

Webディレクターでブロガーな僕が長年愛用している唯一無二のテキストエディタ「Coteditor」

ぼくは、ウェブディレクターとして働きつつ、ブログや本などの執筆活動も行っている。どちらの活動も、かれこれ5年〜10年程度は経っていて、ぼくにとってはひとつの「働き方」となっている。 さて、そんな生業なため、パソコンを使って文章を書くことが多いぼくである。道具にはちゃんとこだわりたい。 野球選手がバットやグローブにこだわるように、物書きであるぼくにっての道具は「パソコン」であり、そこで使う「テキストエディタ」である。なんてったって商売道具。心地の良い環境でなければ、これほど長くは続けられなかったと思う。 テ ...

エッセイ

2021/2/1

糸井重里さんと、絹のスカーフ

ぼくは糸井重里さんが好きだ。糸井さんがつくる製品が好きだし、ゲームが好きだし、本が好きだ。インタビューが好きだ。 なかでも一番好きなのは、糸井さんの書き言葉なんだ。 「コピーライターだから文章が上手」とか「言葉のチョイスや表現がウィットに富んでいる」とかじゃなく、まぁたしかにそういう点も好きではあるんだけど、ただただ漫然と、まるっとそのものが好きなのだ。 糸井さんが書く「今日のダーリン」を読んでもらえたら、みんなにもきっと伝わってくれるんじゃないかなって思って、すこしそんなお話を。

Webディレクターの仕事 メディア運営

2021/1/31

プロのライターや編プロでも失敗する、文章作りで忘れちゃいけない基礎中の基礎

ウェブディレクターとして活動していると、編プロさんに記事の作成を依頼することがあります。普段自分で文章を書いているので、人に依頼するのはなんだか不思議な感覚です。 しかし依頼した原稿が、必ずしも望んだクオリティで返ってくるわけではありません。中にはとても——申し訳ないけれどクライアントに提出できないレベルのクオリティである場合があります。 修正依頼する内容については傾向があり、私がよく指摘する項目をピックアップしてみました。自分で文章を書くときにも、ぜひ気をつけてみてください。

Mac メディア運営

2021/1/30

同じテキストを文章中の複数箇所に同時挿入する方法!応用すれば執筆効率アップ

自分で文章を作っていると、途中で「同じテキストを何箇所にも同時に挿入したい」と思う場面が何度もあります。例えば、以下の画像のような感じ。 該当箇所にテキストを貼り付けていってもいいのですが、手間と時間ばかりが掛かってしまいますね。 そんなときにこの方法を使えば、文章中の複数箇所に同じテキストを書き込むことができます。 この方法は一例で、もしかしたらもっと他にベストな方法があるかもしれません。ですが私はいつも、こんな感じでブログの記事も書いていますよ。

iPhone Mac

2021/1/30

Mac・iPhone史上最も美しいテキストエディタ「Bear」に魅せられて

テキストエディタアプリ「Bear」。私史上最高に美しく、使っていて気持ちのいいテキストエディタだと、個人的に話題となっています。 【Mac版】Bear - 美麗なノート作成・テキストエディタアプリ Shiny Frog di Matteo Rattotti e C. S.N.C.仕事効率化, ユーティリティ無料(掲載時点)詳細・ダウンロード 【iOS版】Bear - 美麗なノート作成・テキストエディタアプリ Shiny Frog di Matteo Rattotti e C. S.N.C.仕事効率化, ユ ...

Webディレクターの仕事

2021/1/31

メモや議事録に大活躍!テキスト文章を読みやすくする文字装飾テクニック

パソコンのシンプルなテキスト文章。文字が羅列されてしまうので、なかなかに読みにくいですよね。文章構造もわかりづらくなってしまいがちです。 そんなテキスト文章を読みやすくするために、何かしら試行錯誤はしていると思います。 主には記号を活用する方法でしょう。「・」や「■」などを活用して、目止まりを作るのが一般的だと思います。 さて私はどうしているか。私はマークダウンという記述法を利用することが多いです。

文房具

2016/4/22

最高のメモ帳がリーガルパッドな3つの理由!文章構造を作るにも最適

「リーガルパッド」というメモ帳をご存じですか?どこか特定のメーカーが発売しているノートの種類を指すのではなく、リーガルパッドと呼ばれる形式のノートが存在します。 一般的にこうした形式のメモを指します。日本語でいうと「法律用箋」。①黄色い紙で②大き目の罫線があり③左側にある赤の区切り線が特徴です。 ちょっとクセのある紙ですが、これが私はお気に入り。特にブログのアイデアや議事録など、文章の構成を組み立てるのに役立つのです。

メディア運営

2015/6/11

ブログ記事を書き終えてから公開するまでにチェックしたい項目リスト(私専用)

自分のブログ記事を推敲するときに、チェックするべき項目をまとめたのでシェアします。数々の人気ブログ記事から「このポイントを見直したらブログ記事は良くなるよ!」という内容を抜粋して作っています。 ただ、まだ未完成です。完成する日もこないだろうと思います。これからも加筆修正を繰り返していって、より精度の高いチェックリストに昇華させていくことの方が大切だと思いますからね。 なので、これをフォーマットとして、あなたはあなた自身で「ブログ記事を書き終えてから公開するまでにチェックしたい項目リスト(自分専用)」を作っ ...

メディア運営

2015/12/9

ひらがなにするだけで文章が格段に読みやすくなる11の漢字と正しい使い方

パソコンを使うようになってから、「実はよくわかっていないけど、変換したら出てくるから、なんとなく使っちゃてる」って漢字はありませんか? 実はその漢字をひらがなに直すだけで、文章は格段に読みやすくなります。 例えば「〜〜な事」とか「〜〜な物」など。漢字にする必要なんてないのに、わざわざ漢字変換して読みにい文章を作ってしまっている。そんなケースは非常に多いのです。 そこで今回は「この漢字をやめるだけで文章が格段に読みやすくなる!」という代表的な例をご紹介します。ひとつ参考にして、今後の作文に役立ててください。

メディア運営

2015/5/2

私がブログを書く理由!トラブルは自分の過去記事で解決できる自分辞典作り

ブログを始めてから何年経ったかなんて一々数えていないけれど、少なくとも3年以上書き続けている当ブログ。 「どうしてブログを続けているの?」と聞かれる事がありますが、答えはいつも決まっています。 「"ありがとう" と言われるのが嬉しいから(と、目立ちたかったから)」 これは、ブログを始めた当初から、全く変わっていない今の気持ちです。 ただ、最近になって、またちょっと違う気持ちも出てきたんです。それは、長い年月をかけて積み上げてきたからこそ、初めて実感できる気持ちなんだと思います。 「自分辞典が作りたい」 こ ...

メディア運営

2015/5/2

ブログは1000文字程度がベスト!自分にとっての "適当" を見つけよう

何事も "過ぎる" というのは良くないものです。 "適当" と言うとネガティブなイメージがあるかもしれませんが、適当でいられるというのは、なかなかどうして重要なスキルだと思っています。 さて、今日はブログの話。 ブログについても、やはり "過ぎる" と言うのは良くない。短すぎても、長すぎても、あまり良いことはないのです。 じゃあどれぐらいが "適当" なのかと言えば、それは人それぞれ違うでしょう。私で言えば、それは1000文字が "適当" なのです。

ITツール メディア運営

2015/5/11

1分1手間!自分の文章を正しく校正してくれるツールで新たな発見を

ブログは基本的に一人での戦いです。正解も何もない中で、自分が正しいと思う方向に進み続けるしかない。 文章もそうです。書いたら書きっぱなし。誰も間違いを指摘してくれないので、自分の誤りには自分で気がつくしかありません。 でも、もし自分の文章を校正してくれるツールがあったら、どうでしょう?便利だと思いませんか? 実は、そんなツールがあるんです。文章をコピペするだけで、間違った日本語の使い方を指摘してくれる、そんなウェブサービス。 ブログを公開する前に、ちょっとした手間を挟んでみませんか?

メディア運営

2015/5/19

UXから考える!読み手が喜ぶブログ記事を書く7つのヒント

UX(ユーザーエクスペリエンス)という言葉をご存知でしょうか。 これは、ある製品やサービスを使った際にユーザーが感じる体験・感情を指します。ウェブ制作の際によく使われる言葉ですが、ウェブページに限った話ではありません。 ユーザーが製品やサービスを使ったとき、その個別の機能や使いやすさのみならず、ユーザが真にやりたいことを楽しく、心地よく実現できるかどうか。 これを重視した概念なんです。 例えばiPhone。使っていて「使いやすい」と感じることはあると思います。でもそれだけじゃなくて、「楽しい」とか「面白い ...

メディア運営

2015/5/19

ブログ記事で言いたいことは160文字でまとめなさい

ブログの本文がどんなに長くなったとしても構いません。しかし、その内容を端的に表現できなければ、その記事には迷いがあるのかもしれません。 160文字〜200文字程度。これは私がひとつの目安としている文字量です。 これぐらいの長さにまとめる事で得られるメリットが3つほどありますので、今日はその理由をお話ししようと思います。

メディア運営

2015/5/11

ブログの文字の大きさや行間は適当?読みやすい文章のためにするべき事

ブログ初心者が抱える悩みや疑問にお答えする質問箱「Blog Beginner's Box」。通称「BBB」 今回はブログ記事の文字の大きさや、文字の間隔についてお話しましょう! ブログのフォントサイズや文字の間隔、そして行間については、「絶対にこれが良い!」というものがありません。 しかし、読みやすいブログを作るなら必ず気に留めておきましょう。ほんのちょっとの手間を惜しまず、この機会に考えてみましょう。 読みやすいブログを作ることが、ブログを成長させる第一歩になります!

© 2022 あなたのスイッチを押すブログ