ライフハック

エッセイ ライフハック

2021/2/1

新型コロナ関連のニュースや情報を家に持ち込まないと決めた日

新型コロナウイルスが騒動となっておおよそ一年。今日までニュースや新聞で取り上げられなかった日は一日たりともなかった。 ニュースをつければ今日の感染者数。バラエティーをつければこれみよがしに透明なパーテーション。専門家は政府の悪口を言って、街に出ればマスクをした見知らぬ他人が顔を隠して歩いてる。 異常が日常になりつつある世界で、その違和感を感じ続けている人がいる。 うちの娘だ。

ライフハック

2021/2/1

あぶく銭の正しい使い方!貯金がもっとも退屈で間違った選択である理由とは

突然、ひょんなことから、まとまった金額のお金を手にすることってあると思う。本当に稀だが、宝くじがあたったとか、思わぬ人からお年玉をいただいたとか、タンスの中から出てきたとか。 そういうお金を手にしたとき、どうするのが正しいだろうか。 堅実に貯金する人もいるだろうし、ラッキーだと思ってパーッと使う人もいるだろう。どれも正しいし、正解・不正解はない。 そんな "あぶく銭" について、とある人の言葉が僕の心に強く残ったので、そんな話をしようと思う。

モノ・ガジェット ライフハック

2020/5/23

自分だけ起きる目覚ましはアクティブトラッカーで解決!同室の人が気づかないアラーム設定

同じ部屋で寝ている妻や子どもを起こさずに、自分だけ早起きしたい。 ケータイのアラームや目覚まし時計などを使えば、その音で周りの家族も起こしてしまう。なんとか〈自分だけが気づけるアラーム〉を設定できないものか。 そんな人にオススメしたいのが、アクティブトラッカー(活動量計)だ。 特にオススメなのが、私が愛用しているXiaomi(シャオミ)の「Mi band 4」。たった4,000円弱で手に入る高コスパガジェットだ。 Apple Watchなどの高いスマートウォッチは不要。Xiaomi(シャオミ)の「Mi b ...

ITツール ライフハック

2020/3/28

自宅待機の有効活用!スマホかPCだけで遊べるインドア系エンタメ

今回は、インドアな環境で時間を楽しく過ごすために私が愛用しているサイトやウェブサービスなどをご紹介しよう。 なかには決して「有意義」とはいえないような過ごし方もあるだろう。しかし長期にわたって外出しないのであれば、そういう娯楽も大切だろう。 もしMacとiPhoneを渡されて「これで一週間、この部屋で過ごせや」と言い渡されても、私は一切の苦を感じないだろう。 正直、パソコンとスマホがあれば、どれほどの時間であっても飽きずに過ごせる自信があるのだ。

ライフハック

2021/2/1

新型コロナウイルス予防に効果的な正しい手洗い方法!大切なのは高い衛生を保つこと

私の妻はパーソナルトレーナーとして活動しており、その妻のお師匠さんにあたる方が、今回の新型コロナウイルスへの対策を動画にまとめていましたので、ご紹介しようと思います。 新型コロナウイルスだからといって、なにか特別な予防策が必要なのではありません。 私たちが日頃、風邪やインフルエンザにかからないようにしている基本的なことを、いつもよりすこし丁寧に実行する。それが大きな予防策になると言います。 つまり「手洗い」です。

ライフハック

2021/2/1

誰も見ていない所でも正しく生きるのに理由が必要なら「運」を貯める為だと思え

正しく生きることは難しい。 大人になった僕らにとって、「お天道様が見ているから」という理由だけでは、ちょっとの悪さを自制するだけの力はなくなってしまった。 「赤信号を渡ってはいけない」 「財布を拾ったら交番に届けなくてはいけない」 「生ゴミをそのまま捨ててはいけない」 「決められたルールは守らなければいけない」 「人を叩いてはいけない」 子どもに「善と悪を判断するモノサシ」を身につけさせるのは、それはそれは大変だ。人として "そうあるべき" とは思うけれども、「なぜ、そうしなければならないのか」という理由 ...

ライフハック

2021/2/1

ほどよく「ゆるミニマリスト」は一種一品の原則から始めるのがオススメ

自分のことを「ミニマリスト」だとは思いませんが、持ち物は極力少なく、常に身軽でいたいと考えています。 そんな私が常々気をつけているのが「一種一品」の原則。これを大切にしています。 その理由は大きく3つ。 ひとつは「物が多いと、悩みや考え事が増える」。ふたつ目が「いたずらに物が増えない」。さいごに「物への愛情が湧く」。 これらのことが達成できると、常に気持ちに余裕ができて、心がいつも豊かな状態で保てるのです。物が少なくても、意外となんとかなるものです。 「万が一の場合に備えて」とか「もしかしたら……」という ...

ライフハック

2021/2/1

7分間でラグビー観戦が10倍楽しくなる!ルール解説動画がキモかわ楽しい

スポーツを楽しみたいなら、まずはルールから!しかしそのルールを学んだり、覚えたりするのが面倒で、結局疎遠にしているスポーツってありませんか? たとえばラグビー。「ボールを相手の陣地に入れる」「相手を倒して奪い取る」といったざっくりした印象はあるものの、実はよくわかっていないのではないですか?僕はそうです。 そんなあなたにオススメしたい7分間ムービーがあります。ちょっと小デブな愛くるしいキャラクターが、ラグビーのルールについて親切に解説してくれます。 リアルよりも楽しくわかりやすいラグビー解説動画 この動画 ...

ITツール ライフハック

2021/2/1

【サクラチェッカー】Amazonの悪質な商品を見抜いて信頼できる情報だけを抜き出す

Amazonのレビューには、少なからず「さくら」が存在することは周知の事実かと思います。 しかしその実態を掴むことは難しく、また巧妙であるため、「さくらを除いた "本当の" レビュー」を見抜くのは至難の業です。 そこで活用したいのが「Amazonサクラチェッカー」。 自分が指定した商品レビューを自動で解析し、その中からサクラレビューを除外。他にも「怪しい」本物のレビューの評価数だけを抜粋してくれます。 サクラチェッカー | やらせ・サクラレビューを見抜けるレビューチェックシステム 本当のレビュー点数が分か ...

ライフハック

2021/2/1

髪と頭皮に安心安全な天然油100%オーガニックワックス「Moiiバーム」の魅力

わたしは整髪料やヘアワックスと呼ばれるものがキライなのです。 以前「ベタつかないハンドクリーム」を紹介したぐらい、ベタつきが残るのが苦手。ヘアワックスも、付けた後の手がベタベタする感じがダメなのです。 それに、ヘッドホンをつけたときの感触は気持ち悪いし、ちょっとしたことで髪の毛の形も崩れるし、シャンプーで洗った後もなんかスッキリしない。 夏に汗をかいたときの不快感も耐え難い。それにベタベタするから子供を肩車するのも憚(はばか)られる。 そして何より、髪や頭皮へのダメージが深刻です。わたしは33歳になります ...

ライフハック 文房具

2019/6/18

誰でも最後まで使い切れる高品質ノート「DIALOG NOTEBOOK」が山ちゃん反省ノートに最適な理由

あなたが最後にノートを使いきったのはいつでしょうか?私は、お恥ずかしながら、おそらく学生の時の授業ノートが最後でしょう。 「飽き性」に足と手が生えたような私ですから、ノートを使い切ることなんてなくて、白紙がたくさん残っているままに次のノートに気が移ろいでしまうのです。 それは結局「スキャンして、データで持っておくから良いのだ」という言い訳を盾にしているだけで、やり遂げられない自分の未熟さを隠しているだけ。わかっているのです。 そんなとき、品質もデザインも良く、それでいて私にも使い切れそうな「ちょうどいいノ ...

ライフハック

2021/2/1

勝手にリボ払いになってて知らない間に借金地獄の恐怖!必ず1度は確認しよう

今日、以下の漫画を見ていて背筋が凍る思いをしたので、この内容をシェアしようと思います。 リボ騒動1 : 千曲がり奮闘記~紆余曲折の育児記録~ 今回から新シリーズです。私のツイッター見てた方は分かるかと思いますが、年明けに旦那とひと騒動ありました。その事について、細かく漫画にしてみました。これ読んで、思う所や疑問は色々出てくると思いますが、話が進むにつれて補足等で明らかになっていきますので…… 「自分はだいじょうぶ!」と勝手に安心しないで、一度は目で見てシッカリ確認しましょう。なぜなら、あなたの知らないうち ...

ライフハック

2021/2/1

交通弱者が事故に巻き込まれないためにできる4つのこと

池袋の交通事故に端を発して、最近は痛ましい交通事故のニュースが頻繁に流れてくる。 ぼくには4歳の娘と妻がいる。ぼくが仕事に行っている間、もし彼女らに何かあったら——。そう考えただけで、冷えた手で心臓を撫でられる思いだ。 こうした交通事故の何がツラいかといえば、歩行者などの交通弱者が、為す術なく、一方的に被害を受けなくてはならない点だ。 横断歩道をどんなに気をつけて渡ったとしても、時速100kmの鉄の塊が突っ込んでくるとは想像もできないし、それを瞬時に回避する術もぼくらは持ち合わせていない。 じゃあぼくらは ...

Mac ライフハック

2021/2/1

キーボードの打感を滑らかにするガラス製爪やすり!仕上がり滑らかで子供にもオススメ

キーボードでタイピングをしている時間が多いぼくは、ツメの手入れに敏感である。少しでも伸びていると、ツメがキーボードにぶつかってしまい、非常に打ちにくくなるのだ。 なので小まめに切るようにしているのだけれど、それでもやっぱり忘れてしまうこともある。一番タチが悪いのは職場で気づいたときだ。 こんな気持ちが良くない状態で8時間仕事をしなければならないと思うと、その日一日が憂鬱な気分になる。 そんな自体を解決するために購入したのが、こちらの爪やすりだ。カバンにスッと入れておけるほどコンパクトで、持ち運びに最適。仕 ...

エッセイ ライフハック

2021/2/1

思いつきとノリと勢いで起こした行動が、思わぬギフトを運んでくれることもある

思いつきやノリ、勢いといったものが、ときに素晴らしいギフトを届けてくれることもある。 この前の土曜日、妻と娘をつれて、山梨のフルーツ公園まで日帰りのドライブへと勇んだ。前もった計画などではない。完全なる思いつきとノリと勢いだった。 朝起きて、朝食を食べているときも、その日の予定は決まっていなかった。「今日の予定をどうしようか」なんて話をしながら、食べ終わった食器を洗っていた。 「自転車の練習したい!ねぇいいでしょー!」と娘はいう。ぼくは乗り気になれなかった。自転車の練習といえば、いつも通りのルートを通って ...

モノ・ガジェット ライフハック

2021/2/1

キャッシュレス時代の財布はキーケースで十分だった話!小銭もカードも収納できる

iPhoneにキャッシュレスでの決済機能が付いたことで、いよいよ財布の出番が少なくなってきた。現金を使う機会って、ほんと減ったね。 ポケットに入れるものも減りに減って、iPhoneとカギとポケットタオルぐらいなもの。身軽になれるって気持ちがいい。 しかし、それでもやっぱり、財布を完全に手放せる日はまだまだ遠いみたい。 ランチでよく行く中華料理屋は現金しか取り扱ってくれないし、スターバックスも現金だけ。電子マネーがNGだけどクレジットカードはOKってお店も、まぁまぁある。 そんな時代なので、最近では、必要最 ...

ライフハック

2019/4/1

ぼくがエスカレーターの右側を歩かない理由は娘に態度で示すため

娘が2歳とか、まぁそれぐらいの頃だ。家族三人で買い物に行き、エスカレーターに乗っていたときのこと。 娘 (乗っている段に両足を乗せず、右足だけをひとつ上の段に置いて、ちょっとしたり顔) 妻 あぶないから、ちゃんと両足揃えて乗りなさい! 娘 おとーのまねっこ(怒) 妻 (ぼくを睨む) bamka す……すみません といったことは、日常のなかでママあるわけです。おそらく他のご家庭でもあるあるな話だと思うのだけど。 自分の立ち居振る舞いについてはそこそこ自信があるつもりで、お天道様がぼくのことを見ていても恥ずか ...

iPhone ライフハック

2021/4/1

充電切れのiPhoneでも交通系ICカードは使える!改札通過もコンビニ払いもOK

電車での移動中、手に持っていたiPhoneのバッテリーが切れてしまった。このまま電車の揺れに身を任せていたいものだが、駅の到着を知らせるアナウンスがぼくを現実に引き戻す。 ただ、ぼくのiPhoneは動かなくなってしまったわけだが、果たしてぼくは改札を抜けることができるのだろうか。 結論からいって、問題なく改札を通ることができた。また、新たに改札に入ることもできたし、駅員さんのほうで払い戻しの処理もできた。コンビニでの買い物も可能だ。 もし今あなたが、充電が切れそうなスマホでこの記事を読んでいるなら、安心し ...

ライフハック

2021/2/1

本当にお気に入りの物を末永く使い続ける「エコノミック・フェイバリット」って考え方

おとなってときどきずるい。おとなができないことを、こどもにはだめっていう。 「信号は守りなさい」っていっておきながら、となりのサラリーマンが赤信号を足早にかけていったり、「集中して食べなさい」っていいながら、向こうのテーブルではスマホを見ながら食事をしてる。 プリキュアというアニメがある。悪者が出てきては変身をしてやっつける、昔ながらの仮面ライダーやウルトラマンなどと同じような「お決まり」が楽しいアニメだ。

ライフハック

2019/3/7

【娘と僕】聖剣伝説LOMのレイチェルに学ぶ親の在り方

ぼくの好きなゲームのひとつに「聖剣伝説 レジェンドオブマナ」という作品がある。いわゆるアクションロールプレイングゲームなのだが、仕組みが少し変わっている。 1つの世界のなかで主人公を操作するのだが、物語は1つではなく、膨大な短編ストーリーが積み重なってできあがっている。ぼくらの現実世界のようなものだ。日々、物語は溢れている。 その中あるひとつの物語。「レイチェル」という。 プレイしたのはずいぶん昔で、あの頃のぼくはまだ子どもだった。少しは歳をとったぼくが、最近になってこの物語に触れて、涙を流すことになろう ...

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ