04_ウェブサービス

【Zoom】同じURLのルームを何度も使い回す方法

zoom-same-url

今回はZoomで発行するルームのURLについて、同じURLを何度も使い回す方法をまとめた。

毎朝の定例会議などをZoomで行う場合、参加メンバーに毎回URLを周知するのは面倒だ。毎回、同じURLで同じルームにアクセスしてもらえたら手間もなく楽に済む。

スケジュールから定期的なミーティングを設定する

Zoomで同じURLを使い回すには、スケジュール機能を利用する。

スケジュールから「定期的なミーティング」にチェックを入れて、それを参加メンバーに共有すればOKだ。

zoomの画面を開いて、スケジュールを押下

zoomアプリを開いたトップ画面から「スケジュール」をクリックする。

zoom-same-url_1

step

1

「定期的なミーティング」にチェック

トピックの下にある「定期的なミーティング」にチェックを入れる。

zoom-same-url_2

step

2

カレンダーを選択

設定したミーティングをカレンダーに追加するので、追加先のカレンダーを選択する。私は基本的に「Google カレンダー」を使っている。

zoom-same-url_3

step

3

「詳細オプション」から「ホストより前の参加を有効にする」にチェックをいれる。

ここにチェックを入れないと、ホストが参加しないとルームが立たなくなってしまい、不便なので、忘れずにチェックしておきたい。

zoom-same-url_4

step

4

その他の必要項目を確認する

「トピック」はミーティングのタイトルになるので、わかりやすいものを入れよう。関係ない人が入ってこないように「パスワード」も忘れずに設定しておきたい。

各種設定が完了したら、右下の「スケジュール」をクリックしてルームを作成する。

zoom-same-url_5

step

5

Google カレンダーが作られる

zoomでスケジュールを作成すると、Googleカレンダーに予定が追加されるので、予定の設定はGoogleカレンダーから調整する。

メモ欄に、ルームに参加するためのURLとパスワードが記載される。

zoom-same-url_6

step

6

リピート設定とゲスト招待

定期的に行われるミーティングであれば「繰り返し」の設定をしよう。

参加メンバーを追加する場合は、右側の「ゲストを追加」からメンバーを追加しよう。

もちろん、メモ欄に記載されているURL(もしくはミーティングID)とパスワードを直接メンバーに連絡する方法でもOKだ。

zoom-same-url_7

step

7

設定はこれで完了。以降、このミーティングへの参加は同じURLでアクセスできるので、このURLさえメモしておけば参加可能となる。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-04_ウェブサービス
-, , ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.