メディア運営

文章の改行位置は「揃える」より「リズムと緩急」を意識したほうが読みやすい

bunsho-kaigyo-rhythm

いつからだったか、もう覚えてもいないのですが、「文章を書くなら改行位置を揃えてあげると読みやすいよ」と教えてもらって、それを従順に守ってきました。

ビジネスメールでも、きちんと改行位置が揃う位置で改行をいれて、体裁をととのえるのです。そうすれば、左から右への目線の動きが一定になって、文章は読みやすい。

いまでも、一理あると思います。しかしいまは、すこし考え方が変わってきまして。「適当な文脈で改行をいれて、リズムと緩急を付けたほうが読みやすいのではないか」と考えています。

文章にリズムと緩急をつける

図で表すとこんな感じ。

bunsho-kaigyo-rhythm_1

左の画像が、いままでのぼく。文脈とか文意では区切らず、折り返す位置がおなじになるように改行をいれる形式です。

そして右の画像が、改行位置を調整して、リズムと緩急をつけた場合。「、」や「。」、熟語や文章の固まりなどを意識しながら、折返しの位置を微妙に調整しています。

これらふたつのケース。100人アンケートをとったわけじゃないので、確実な根拠を示すことはできないのですが、ぼくの感覚では「後者のほうが読みやすい」と感じています。

改行位置を固定した場合

前者のほうが、一般的ではあると思います。新聞や本など、決められたフレーム(枠)のなかで文章を書きおさめるときは、たいていはこの方法を使いますからね。

bunsho-kaigyo-rhythm_2

ですが、この方法をつかうと、文章の意味にそぐわないタイミングで、ことばをブツ切りにしなければならなくなります。これがよわいところなんですよね。

だから、タイミングによってはとても読みにくい文章ができあがる。とくに一文が長くなったりすると、折返しの位置で何度も読み返さなくちゃいけなくなります。

改行位置を調整した場合

なので最近は、こだわりを捨てたのです。

「改行位置はそろえるべきだ」という "あたり前" を一度捨てて、目で見たときのバランスを考えるようになりました。つまり、文意や単語など、そこが自然な区切りとなるタイミングで改行をいれるのです。

bunsho-kaigyo-rhythm_3

ただし、一行ごとの文字数がバラバラだと長さがまばらになりすぎて、それはかえって読みにくい。なので、行ごとの文字数が大きくブレないように配慮しながら、文章をつくります。

大切なのは「目でみて読みやすいかどうか」です。

 

【ほぼ日刊】ガジェットへの想いを語るだけ

Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラムにて、ぼくの持っているガジェットについてあれこれ語る記事を公開中!いわゆる "レビュー記事" とは違った、ぼくの道具にかける想いをただただ自分勝手に語ります。ほぼ日刊更新中。

文章をデザインする力

ぼくが目指す理想は、読み手が考えなくてすむ文章。ひだりからみぎに目をながすだけで、さらさらと意味が頭のなかに流れ込んでくる。そんなことばをつないでいきたいと思っています。

むかしからこの意識は持っていましたが、最近はより一層強くなってきました。というのも、リモートでの仕事が増え、Slackをはじめとした「ツール」を通しておこなうコミュニケーションが増えてきたからです。

文字に書き起こした言葉は、丁寧に扱わなければなりません。話しことばなら、相手の表情で読み取れるものもあるでしょうが、書き起こした文章は一方通行です。

ぼくが作った文章を、相手が「解釈」してしまったら、それはぼくの意図と違ってしまうかもしれません。

「誤解」
「すれ違い」
「カン違い」

ときには「言った言わない論争」の引き金にすらなります。だからぼくは「文章をデザインする力」が、いまこそ問われているのだと感じているのです。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-メディア運営
-, , ,

© 2022 あなたのスイッチを押すブログ