iPad

iPad mini 6の小ネタ!音量ボタンはiPadの向きによって役割が変わる

ipadmini6-volume-button-tips

今日は iPad mini 6 のちょっとした小ネタをひとつ。お題は「音量ボタン」についてだ。

今までの iPhone や iPad は、「音量を上げるボタン」「音量を下げるボタン」と役割が明確に決まっていた。それが普通だし、何を言っているんだと思うかもしれない。

しかし iPad mini 6 には、「音量を上げる/下げるボタン」がない。実は、iPad を持っている向きによって役割が変わるのだ。

プラスは常に「右 or 上」 | マイナスは常に「左 or 下」

iPad mini 6 の音量は「音量調節ボタン」を使う。これは Apple の公式サイトにも明記されていて、「音量+/ー」というボタンはない。

ipadmini6-volume-button-tips_1

iPad の向きに音量の上げる/下げるが変わる。しかしややこしく考える必要はない。むしろ普通の感覚で使っていれば、間違えることはない。

iPad mini 6 では必ず、

  • 上 or 右 にあるボタンが「音量アップ」
  • 下 or 左 にあるボタンが「音量ダウン」

となっている。

ipadmini6-volume-button-tips_2

ipadmini6-volume-button-tips_4

ipadmini6-volume-button-tips_5

ipadmini6-volume-button-tips_3

シャッターやスクショはどちらでもOK

音量ボタンをトリガーとして行えるアクションがいくつかある。代表的なものは「スクリーンショット」や、カメラの「シャッター」だ。

iPad mini 6 の場合、音量調節ボタンであれば、どちらのボタンを使ってもOKになった。

スクリーンショットを撮るとき、右でも左でも、上でも下で、なんでも良い。とりあえず「トップボタン」と「音量調節ボタン」が同時押しできればOKだ。

強制終了は決まった操作が必要

iPad mini 6 を強制終了するときも、音量調節ボタンを使う。しかしこの場合は、押す順番が明確に決まっている。

必ず「音量調節ボタン:内側」→「音量調節ボタン:外側」→「トップボタン」の順番で押していかなければならない。これはぜひ覚えておこう。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-iPad
-,

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ