メモ術

Webディレクターの仕事

2021/7/22

ズボラな私のタスク管理は「メモ帳 × バレットジャーナル」でお手軽運用

今まで紆余曲折してきたタスク管理ツール。直近ではTodoistを使って、カンバン方式で管理をしていた。 しかし、どう頑張っても「タスク管理ツール(Todoist)を開く」というアクションが、習慣化されなかった。 一番の問題点は、新しいアイデアやタスクが発生しても、それをその場でタスクとして登録できなかったことだ。習慣化されていなかったので、どうしても後回しになってしまっていた。 そこで、 ササッと開けて、パパっと編集できる。 iPhoneやMacなどで共通して使える。デバイスよる制限がない。 Macでの作 ...

ライフハック 文房具

2018/11/20

手帳やメモが100倍楽しくなる手書き装飾集!自作するコツも伝授します

他人の手書きメモって、なんであんなにキラキラして眩しいんでしょうね!ウェブやSNSなどで公開されている「手帳にこんなこと書きましたー」ってメモは眩しくて目を背けたくなります。 賑やかで、楽しくなるメモ書きを、自分でも書きたいと思うんですが、結局は文字ばっかりのつまらないページができあがってしまいます。 そんな、私と同じようなお悩みをお持ちの皆様に、私がひっそりと集めている「カンタンに真似できる手書きの装飾集」を共有します。これを見て、少しでも手書きメモの楽しさに目覚めてもらえたら嬉しいです!

iPhone Mac

2021/1/30

初めてのアウトライナーアプリは「Cloud Outliner 2」がコスパ最強でオススメ

ブログの執筆から議事録のまとめまで、幅広い用途で愛用しているのが「アウトライナー」です。 アウトライナーを愛用する理由は、整理整頓に非常に長けていると感じているから。 全体像を見渡したり、要素をグループ化したり、物事を体系化したり——。散財しているものを整理整頓して、見やすく・分かりやすく・伝えやすく整形するには、やはりアウトライナーというのは優れた道具なのです。 さて、私が愛用しているアウトライナーツールですが、これは長らく「Cloud Outliner 2」というアプリを使用しています。 ちまたで有名 ...

iPhone

2021/1/30

iPhoneのメモにはロックが掛けられる!Touch ID対応で解除も楽々手間いらず

iPhoneに最初から入っているメモアプリのちょっとした小ネタ。それぞれのメモに対してロックを掛けられること、知ってますか? しかも、文字による一般的なロックに加えて、Touch ID (指紋認証) によるロック解除も対応しているので、ロックを解除する手間がほぼ皆無なので、とても扱いやすいです。 プライベートな内容のメモも、これなら安心して使えますね!

Webディレクターの仕事

2021/1/31

メモや議事録に大活躍!テキスト文章を読みやすくする文字装飾テクニック

パソコンのシンプルなテキスト文章。文字が羅列されてしまうので、なかなかに読みにくいですよね。文章構造もわかりづらくなってしまいがちです。 そんなテキスト文章を読みやすくするために、何かしら試行錯誤はしていると思います。 主には記号を活用する方法でしょう。「・」や「■」などを活用して、目止まりを作るのが一般的だと思います。 さて私はどうしているか。私はマークダウンという記述法を利用することが多いです。

文房具

2016/4/22

最高のメモ帳がリーガルパッドな3つの理由!文章構造を作るにも最適

「リーガルパッド」というメモ帳をご存じですか?どこか特定のメーカーが発売しているノートの種類を指すのではなく、リーガルパッドと呼ばれる形式のノートが存在します。 一般的にこうした形式のメモを指します。日本語でいうと「法律用箋」。①黄色い紙で②大き目の罫線があり③左側にある赤の区切り線が特徴です。 ちょっとクセのある紙ですが、これが私はお気に入り。特にブログのアイデアや議事録など、文章の構成を組み立てるのに役立つのです。

文房具

2016/2/5

ロディアの定番サイズNo.11と同タイプのメモ帳7つを徹底比較

手の中に軽く収まって、走り書きをしては切り離せる、とても使い勝手のよい手頃なメモ帳。それがロディア(RHODIA)のNo.11です。 サイズはA7と呼ばれるもので、これと同じタイプのメモ帳を、実は文房具メーカー各社も発売しています。 今日はそんな、ロディア(RHODIA)のNo.11と同タイプのメモ帳を徹底比較して、コスパの良い商品が何なのかを調べてみました。型番なども記述していますので、ウェブショッピングのさいの参考にしてみてください。

文房具

2015/5/25

手帳が重くて持ち運べない人へ!サテライトノートを活用しよう

私の愛用している手帳は「ほぼ日手帳カズン」。マンスリー・ウィークリー・デイリーが全て揃っていて、隙がない優秀な手帳だと思っています。 唯一難点があるとすれば、それは重さです。 書けるスペースがふんだんに用意されていると言うのは、つまり冊子が厚くなると言うこと。鞄に忍ばせるなんて可愛い表現は似つかわしくなく、鞄を陣取ると言った方がしっくり来るぐらいです。 そんな重たい手帳は持ち運びたくない。そんな私は「サテライトノート」を活用しています。

99_no-category

2015/5/25

iPadの手書きアプリで迷ったら「Noteshelf」が万能でオススメ。手首を置いて書けるしね

iPadを購入して、今一番活躍しているのが「手書き」アプリです。大画面のiPadだからこそ、自分のアイデアをそのまま形にできる手書きアプリは非常に使いやすいんです。 ▼参考:iPadでオススメのスタイラスペンはこちら。 iPadに使うスタイラスペンは「JotPro」が良い!手元が見えて細字が書ける | あなたのスイッチを押すブログ ただ、手書きアプリは数も種類も豊富。無料のものもあれば、有料のものもあり、正直どれを選んだらいいか迷いました。最初は無料アプリばかり手を付けていたのですが、機能面でどれも納得で ...

99_no-category

2021/1/30

iPhone・iPad・Macでテキストファイルを編集し合うならBywordが便利

iPhoneにiPad、そしてMacBook Air。一人でいくつものデバイスを持つことも珍しくなくなってきた昨今。そんな中で「デバイスに囚われずに、同じファイルを閲覧・編集したい」と言うのは当然の欲求だと思います。 デバイスによって扱いファイルが違うなんてことがあれば、整理整頓の弊害にしかなりません。大事なのは、どんなデバイスが手元にあろうと、ある一定のラインでは同じ環境でいられる事。私はそう考えています。 その中でも迷っていたのが、文章の扱いです。ブログや執筆で文章を作成しますが、これをすべてのデバイ ...

文房具

2015/5/25

Lamy2000で最高の書き味のインク「JetStream」を使う最も簡単な方法。

高級な4色ボールペンを探していけば、必ず行き着く「Lamy2000」。しかし不満は、インクの書き味の悪さでした。 Lamyの純正リフィルは、インク溜まりができたり最初の書き出しが悪かったりと、非常に使いづらい。それを解消するために、国産のリフィルに入れ替えて使っていたりもしましたが、なかなか相性の良いリフィルがないのが現状でした。 そんな中、私が最高の書き味だと思っている「JetStream」から、高級ラインナップ「Jetstream Prime」が発売になりました。 JetStreamの高級志向版という ...

ITツール ライフハック

2015/4/30

写真で残すべきライフログとは何だろうか?

ライフログ。日々の生活(Life)を記録として残す(Log)ことを指しますが、その形は様々です。 一番オーソドックスなのはテキストによる言葉での記録ですけれど、その他にも「写真」を使ってログを残す方法もあります。私もよく使います。持ち物の写真をまとめてみたり、毎日の服装を写真に撮って残してみたり…。 では、「写真で残すべきライフログ」って一体何があるでしょうか。 私はよくあるのですが、残し方で迷いませんか?言葉で残した方がいいのか、それとも写真を撮っておいた方がいいのか。どちらの方法で残すべきかを考えて、 ...

ITツール

2015/4/30

[Evernote] ウェブクリップにコメントを残すならマージが超便利だと今更気がついた

Evernoteでウェブクリップをしたとき、ノートのフォーマットはウェブページのそれに依存します。 そこにテキストでコメントを残そうとすると、そのフォーマットによってはちゃんとコメントが残せなかったりするんですよね。 例えば下のようなウェブクリップだと、テキストは太字になって色まで入ってしまう。場合によっては背景まで入ってしまう始末です。 しかし、これにプレーンなテキストでコメントを残す方法がありました。今まで何故気が付かなかったのかと思うほど単純でした。 コメントノートを作ってマージする 仕組みは単純で ...

文房具

2015/5/24

4色ボールペン「ジェットストリーム」のリフィルが使える最高なペンを見つけました

ジェットストリーム 4&1 を愛用している皆様。本体が大きくて太くて、それが原因で書きにくいと感じてはいませんか? 私もずっと愛用していたのですが、唯一不満だったのが「軸の太さ」でした。 4色ボールペンの特徴なので仕方がないと言えばそうなのですが、指で握る部分が非常に太いのです。 ただ、私は元来、軸の太いペンが好きではないのです。それでも我慢して使っていたのは、ジェットストリームの書き味に惚れ込んだからです。 しかし、虎視眈々と狙っていました。「ジェットストリームが使え、かつ、軸が細いボールペンはないもの ...

Webディレクターの仕事 文房具

2021/1/31

なぜ先輩ウェブディレクターは「紙とペンで仕事はできる」と言ったのか?

会社の先輩が放った一言が、未だに私の頭を駆け巡っている。 「俺は、紙とペンだけあれば仕事はできる」 その言葉に違わず、先輩は今も黙々と白紙に向かってペンを走らせている。 私の会社はウェブ制作会社であり、ネット上にコンテンツを制作するのが仕事だ。従って、パソコンを使っての作業が主となる。 メールでのコミュニケーションに始まり、提案書などの資料作りなど、パソコンが無ければ仕事にならない。 しかし先輩は言う。「紙とペンだけあれば仕事はできる」と。この言葉が、今も私の頭の中を駆け巡っている。 私の仕事はなんだった ...

ITツール

2015/4/30

Mac即メモ術!テキストエディタをEvernote用メモ帳にする方法

Macを操作しているどんな状況においても、即座にメモを取れるようにしたい。 ここにもう1つ加えます。愛用しているテキストエディタを、Evernote保存用のメモ帳として使いたい。 この2つの希望を、全てキーボード上で処理できる環境を作りました。私的には非常に満足していますので、その方法をシェアします。 さて、それではまず、今回の経緯と今までの問題点をお話ししましょう。 そもそも必要があるのか? MacからEvernoteにメモを取る手段は、何点かあります。例えば私がよく使っていたのは、以下の2つ。 □AT ...

小型でいつでも取り出せるメモ帳

ITツール 文房具

2015/4/30

アイデアメモの仕組み化。「発見の手帳」の流儀に従った手帳術とEvernote活用術。

少し前の記事になりますが、以前拝見した以下の記事がスゴかった。アイデアメモの取り扱い方に関して、非常に簡潔で分かりやすく、そしてその重要性についての理解を深められる内容だったからです。  ▶シゴタノ! 「発見の手帳」の流儀からみる素材蓄積法 ですのでこれを、私の作業風景になぞって語るとどうなるか。つまり、実現可能であり、現実的な取り扱い方をお話ししようと思います。 メモ術の要となるのは、以下の3つの注意事項です。  ◇手帳の形式  ◇書き方についての原則  ◇牽引を作る これら3つの注意点を順守するには、 ...

文房具

2014/2/4

ほぼ日手帳カズンを拡張。自由帳的ノートを追加する方法と最適なノート。

システム手帳ではない既成の手帳を使用するとき、その最大のデメリットとなるのはカスタマイズ性の乏しさです。 システム手帳であれば、自分の好きなリフィルを入れることで、自分の発想通りに手帳を拡張することができます。 しかし、既成の手帳はそれが難しい。手帳として完結しているので、「あぁ、こんなページ(リフィル)があったらいいのになぁ」と思っても、実現することが難しい。 ときに私は、「ほぼ日手帳カズン」を愛用しています。マンスリー / ウィークリー(バーチカル) / デイリーを兼ね備えた手帳は、他にはなかなかあり ...

文房具

2015/5/25

ほぼ日手帳やモレスキンにおすすめ。ノートにマスキングテープを忍ばせる方法。

ほぼ日手帳やモレスキンなど、愛用しているノートをカスタマイズするのに欠かせないのが "マスキングテープ" です。 RHODIAに書いたちょっとしたメモを貼り付けたり、ちょいノートにデコレーションしたり。用途はアイデアの数だけ出てくるマスキングテープ。デザインも多種多様で、LOFTで眺めているだけでも楽しくなってしまいます。 ただ、ひとつ問題が。携帯するのに難があるんです。 と言うのも、マスキングテープはくるくると巻かれている状態で、かなり厚みがある。ノートに挟むにはちょっと無理があるサイズなんですよね。 ...

ITツール

2015/4/30

えばつく@4:最初に作るべき「Inbox」ノートブック。その理由とは?

えばつくの第4回です。前回はEvernoteの機能の考え方について触れましたね。今回から、ノートブックを作っていきます。 それにあたって、まず最初に作っておくべきノートブックが1つあります。それが「Inbox」というノートブック。 今日はこれについてお話ししましょう。 ★私の「えばつく用アカウント」を共有しています。 ★えばつくのバックナンバーはコチラからどうぞ。 Inboxという考え方 Inboxとは、すべてのノートを一旦は引き受ける受け皿の役割を持ちます。 どういうことか、ご説明しましょう。 受け皿を ...

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ