iPhone

iPhone版Safariでマスターすべき14のテクニック

iPhoneの標準ウェブブラウザ「Safari」。直感的につかえる優秀なアプリだけれど、実はあんまり知られていない便利機能も多々あるのだ。

今日は、Safariを使う上では必ず覚えておきたい便利機能をまとめた。知っているものもあるかもしれない。けれど、きっと知らない機能もあるだろう。

ぜひ一読して、快適なウェブサーフィンを楽しんでもらえたらうれしい。

ページ内で使えるテクニック

画面最上部をタップするとページトップにもどる

画面の最上部をタップすると、いま開いているページのトップに、一発でスクロールすることができる。

safari-14-technique_1

リンク先のページをプレビューできる

ページの中にあるリンクを長押しすると、リンク先のページをプレビューで見ることができる。「別タブで開く」や「共有」などが便利。

safari-14-technique_2

ページ の「もどる」「すすむ」は画面端からスワイプ

左下の「もどる」「すすむ」アイコンをタップしてもいいのだけれど、もっと直感的に操作しよう。

画面の左端から右に向かってスワイプすると「前のページにもどる」で、右端から左に向かってスワイプすると「次のページにすすむ」となる。

safari-14-technique_3

 

【ほぼ日刊】ガジェットへの想いを語るだけ

Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラムにて、ぼくの持っているガジェットについてあれこれ語る記事を公開中!いわゆる "レビュー記事" とは違った、ぼくの道具にかける想いをただただ自分勝手に語ります。ほぼ日刊更新中。

メニューバーのテクニック

すべてのタブをまとめて閉じる

ページ右下の「タブアイコン」を長押しすると、メニューが表示される。「●●個のタブをすべて閉じる」をタップすると、いま開いているタブをまとめて閉じることができる。

safari-14-technique_5

前の前の、前のページを開く

ページ左下の「もどるアイコン」。タップすると、ひとつ前のページに戻るが、長押しすると、前に開いたページが一覧で表示される。

safari-14-technique_4

同様に「すすむアイコン」を長押しすると、「つぎのページ」が一覧で表示される。

アドレスバーのテクニック

アドレスバーを左右にスワイプで隣のタブを開く

画面下のアドレスバーをスワイプすると、隣のタブに簡単に移動できる。

safari-14-technique_6

アドレスバーを長押しでコピー内容で即検索

アドレスバーを長押しするとメニューが表示される。その中の「ペーストして検索」をタップすると、コピーした内容ですぐに検索をかけることができる。

safari-14-technique_7

また、出てきたメニューで「コピー」を選択すれば、そのページのURLをコピーすることができる。これも便利でよく使う。

アドレスバーを上にスワイプでタブ一覧画面

右下のタブアイコンをタップするよりも、アドレスバーを上に向かってスワイプしたほうが、簡単にタブ一覧画面を開くことができる。

safari-14-technique_8

タブ一覧画面で使えるテクニック

最近閉じたタブの一覧を見る

タブの一覧画面にて、左下の「+」アイコンを長押しすると、最近閉じたタブの一覧を見ることができる。

safari-14-technique_9

左にスワイプでタブを閉じる

タブ一覧画面で、不要なタブを削除したいときは、左にスワイプしよう。

safari-14-technique_10

一時的に残しておきたいページは「タブグループ」にすると便利

「いまは使わないんだけど、あとでまた見たいから閉じたくない。ブックマークするほどでもないし…」というケースに便利なワザ。

右下のタブアイコンを長押しして、表示されたメニューから「タブグループへ移動」→「新規タブグループ」を選択。
すると、いま開いているタブすべてを「グループ」としてまとめることができる。

safari-14-technique_11

タブの一覧画面の下にある「●●個のタブ」をタップすれば、いままで作成したタブグループを確認することができる。

safari-14-technique_12

設定アプリからできるカスタマイズ

アドレスバーを画面上部にする方法

「設定」アプリを開き、「Safari」を選択。「タブ」の項目から「シングルタブ」を選択すると、以前のSafariのようにアドレスバーが画面上部に配置される。

safari-14-technique_13

一定期間でタブを自動で閉じるようにする

「設定」アプリを開き、「Safari」→「タブを閉じる」と進むと、一定期間でタブが自動的に閉じられる設定できます。タブが溜まりがちな人におすすめ。

safari-14-technique_14

便利な拡張機能の紹介

拡張機能「Svadilfari」でジェスチャーを使いこなそう

Safariに新しい機能を追加する「拡張機能」。その中に「Svadilfari」というアプリがあるのだが、これを活用すると、Safariにジェスチャー機能を追加することができる。

ジェスチャー機能とは、あらかじめ決めた順番で画面を指でなぞると、さまざまな操作を行うことができる機能だ。

たとえば「↓」「←」となぞれば「新規タブ」を開き、「↓」「→」となぞれば「タブを閉じる」というような操作ができるようになる。

safari-14-technique_15

詳細は以下の記事にまとめてある。便利なアプリなので、ぜひ使ってみてほしい。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-iPhone
-, , ,

© 2022 あなたのスイッチを押すブログ