iPad iPhone

Safariにジェスチャー機能を付けると100倍使いやすくなる【Svadilfari】

svadilfari

今日は、iPhoneのSafariでジェスチャーが使えるようになる拡張機能アプリ「Svadilfari」が、尋常じゃないほど便利だったって話をしよう!

これはすべての人にインストールをおすすめしたいレベル。

Svadilfari

無料
(2021.11.09時点)
posted with ポチレバ

ときに、iPhoneのSafariで新しいタブを開くとき、いちいち「右下のタブアイコンをタップ」→「左下の+をタップ」と操作するのは、面倒だと感じないだろうか。

タブを閉じる動作も、手間がかかって好きじゃない。「右下のタブアイコンをタップ」→「サムネイルの×をタップ(あるいは左にスワイプ)」と、手順が多すぎる。

しかし、アプリ「Svadilfari」をインストールした後であれば、そんな面倒な操作は不要になる。

新しいタブを開きたければ画面を「↓→」となぞれば良いし、タブを閉じたければ画面を「←↓」となぞれば良い。非常に簡単で、手間いらずなのだ。

svadilfari_5

上記のアニメーションは、わかりやすいようにiPadでの動作を撮影したものだが、もちろんiPhoneでも有効だ。

Safariにジェスチャ操作を追加するアプリ「Svadilfari」

アプリ「Svadilfari」をインストールすると、Safariでジェスチャー操作が可能となる。

Svadilfari

無料
(2021.11.09時点)
posted with ポチレバ

「ジェスチャー」とは、予め設定した手順で画面をなぞると、それをトリガーとして設定した機能が発動する機能のこと。
パソコンだとマウスカーソルの軌道に応じて機能が発現するようになっている。それのiPhone版だ。

svadilfari_6

設定できるジェスチャーは自分でカスタマイズ可能

使えるジェスチャーは、予めプリセットされているので、これをそのまま使うのでも十分に強力だ。

また、ジェスチャーの「動作」と「アクション」は自分でカスタマイズすることが可能だ。

ジェスチャーは、プリセットされているものを選ぶこともできるし、自分で自由に描くこともできる。
設定できる「アクション」も、プリセットされているもの以外にも、「リロード」「URLをコピー」など便利なものが揃っているので、自分の好きな組み合わせを見つけてみよう。

svadilfari_1

アプリ「Svadilfari」の設定・使い方

アプリ「Svadilfari」は、インストールしただけでは使えない。Safariの拡張機能になるので、使えるようにするための設定が必要だ。

アプリをインストールしたら、Safariを開き、アドレスバーの左にあるアイコン をタップ。

svadilfari_2

表示されたメニューから「機能拡張を管理」を選択。出てきたメニューから Svadilfari の項目をオンにする。

svadilfari_3

すると Svadilfari の項目が表示されるので、これをタップ。「……を許可しますか?」というアナウンスが2回表示されるので、それぞれ「常に許可…」を選択する。

svadilfari_4

これで設定は完了だ。以降、Safari の画面ではジェスチャーが常に有効な状態となった。画面のどこでも、設定したジェスチャーを入力すれば、その機能を使うことができる。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-iPad, iPhone

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ