iPad モノ・ガジェット

MX KEYS mini を iPad で使うと US配列で認識されるので気をつけろ!

mxkeysmini-ipad-us-hairetsu

MX KEYS mini は最高だ。コンパクトで軽量でありながら、しっかりとした打感があり、タイピングするのが楽しくなる。

しかも、ワンプッシュで接続先のデバイスを変更可能。Mac←→iPad←→iPhoneの接続の切り替えが一瞬なので、複数のデバイスを使い回しているぼくにとっては、最高のキーボードといっても過言ではない。

…のだが、1点だけ残念なところがある。しかもその1点が、-30点ぐらいの大幅減点対象なので困っているのだ。もしこれから MX KEYS mini を買おうと考えている人は、ぜひ気をつけてもらいたい。

iPadやiPhoneでは、JIS配列として認識してくれない。これにより、記号の入力が非常にややこしくなっているのだ。

MX KEYS mini は iPad 対応だけどUS配列キーボード扱いになる

MX KEYS mini をiPadやiPhoneで使用しても、基本的な入力には問題はない。shiftcontroloptioncommandや、スペースキー横の英数かなの変換キーも、Macと同じような感覚で使える。

しかし唯一の大問題として、キーボードをUS配列として認識しているのだ。
これにより、各種記号の入力場所が、キーボードに印字されているものと異なって入力されてしまう。

たとえば@を入力したいとき、JIS配列であればPの右どなりをタイプすればいい。しかしUSキーボードとして認識しているため、これを押してもが入力されてしまう。

じゃあ@を打ちたいときはどうするかというと、shift2と入力しなければならない。これは、MX KEYS mini のキーボードに印字された文字をみても判断できないので、完全に覚えておくしかない。

このが唯一にして絶対の欠点。「JIS配列キーボードでUS配列キーを使った場合のキー配列」を覚えなくてはならないのだ。

すべてを覚える必要はないかもしれない。よく使う記号だけに絞れば、その種類はおおよそ10〜20個ぐらいだろう。しかし、覚えたからといって、手に馴染むかというと、それはまた別の問題だ。

 

【ほぼ日刊】ガジェットへの想いを語るだけ

Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラムにて、ぼくの持っているガジェットについてあれこれ語る記事を公開中!いわゆる "レビュー記事" とは違った、ぼくの道具にかける想いをただただ自分勝手に語ります。ほぼ日刊更新中。

いつ改善されるのか、いまのところ不明なのが悩ましい

この問題のまた厄介なところは、原因の所在がどこにあるかわからないところだ。

Logicool社の問題なのであれば、今後のファームウェアのアップデートで解消されるかもしれない。しかし iOS の問題なのだとすれば、Apple が改善をしない限り、この状況を変えることはできない。

これは完全に個人の意見だが、Appleが他社の参入を拒むために「いじわる」をしているのではないかと思う。なので、今後改善される可能性は、実はほとんどないんじゃないかとさえ思っている。

もしあなたが、MX KEYS mini の評判を聞いて、ぜひiPadでの使用を考えているのだとしたら、この問題については真剣に考えた方が良い。「いやいや、長く使ってれば慣れるでしょ」と軽く考えていると、後悔するかもしれない。

「Macと同じような感覚で使えるキーボード」を探しているなら、おとなしくMagic Keyboardを買うことが最良だと、ぼくは思う。

日本語キーボードがUS配列で認識されたときに使う早見表

とはいうものの、ぼく自身、MX KEYS mini の打ち心地が好きすぎて、もうすでに手放せない体になってしまった。なのでいま、この文章も、我慢しながらiPadで書いている。

よく使う記号は、おおむね覚えることができたが、まだまだ完全に覚えているわけではない。なので、困ったときに役立つ早見表をつくってみた。

同じような問題で困っている人がいるなら、当ブログで内容をまとめたので、以下の記事を参考にしてもらえたら幸いだ。

あとがき

MX KEYS mini は本当に良いキーボードだ。キーを押したときの、深すぎずも浅すぎない、気持ちのいい打感。持ち運びにも最適なサイズ感でありながら、満足できるタイピング体験を約束してくれる。

ネット上でうたわれている評判におおよそ間違いはなく、手にすれば間違いなく満足できるキーボードだと思う。

しかし、手放しにおすすめできるものでもない。特にあなたがiPhoneやiPadでの利用を考えているのであれば、今回の「US配列として認識される問題」については、ぜひゆっくり検討してみてから購入してほしい。

「Macと同じような使用感で使えるキーボードが欲しい」というなら、ぼくはMagic Keyboardをおすすめする。

ただし、これまた厄介な問題なのだが、Magic Keyboardにも見逃せない大きな欠点がある。複数のデバイスで使いまわせないのだ。

Magic Keyboardはマルチペアリングができず、Mac←→iPad←→ iPhoneへの接続切り替えが難しい。そのため、複数のデバイスで使い回したいと考えているなら、それはやはり MX KEYS mini の方が最適だろうと思う。

¥13,242 (2022/09/26 13:21時点 | Amazon調べ)

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-iPad, モノ・ガジェット
-, , , ,

© 2022 あなたのスイッチを押すブログ