モノ・ガジェット

初代Apple Pencilの非純正キャップを買ったが純正の何も変わらない品質だった話

applepencil-cap-no-kawari

初代 Apple Pencil のキャップにヒビが入ってしまった。別に使い勝手に影響するわけでもないし、気にしなければいいだけの話ではある。

しかし、気にしないようにすればするほど、気になってしまうのが世の常である。

applepencil-cap-no-kawari_1

もうかれこれ3ヶ月ぐらいだろうか。Apple Pencil を使うたびに「些細なことなのに、なんだか気持ちが浮かないんだよなぁ」という気持ちを引きずるようになってしまっていた。

それならいっそ、キャップの代わりになりそうなものはないのかとGoogleで探してみたところ、実は非純正のキャップが単体で売られているではないか。

キャップごときに1,000円も払うのかと思うとちょっともやもやしてしまうが、これで日頃のストレスから開放されるならと、今回買ってみた次第だ。

非純正Apple Pencil用キャップも純正と何も変わらない品質

まず結論。

あまり期待はせず、なんとなく代わりになればいいかなぐらいに思っていたのだが、そのクオリティに驚いた。正直、2つを並べて眺めてみても、どちらが純正なのか判断がつかない。それほどのクオリティだった。

非純正ではあるが、特に純正にこだわる気持ちがないのなら、キャップを紛失したときの代替品として十分に役立つ。もしApple Pencilのキャップを探しているのなら、私は普通におすすめできる。

それでは写真と一緒に、詳細についてお話ししよう。

Amazonから送られてきた箱を開けると、略式の袋がぽろり。ちゃんとしたメーカーの商品でもないし、キレイな箱やケースに包まれてくるなんて期待してはいけない。

applepencil-cap-no-kawari_2

何かの錠剤かと思えるぐらいの見た目だ。青色のカバーフィルムを付けられているのが意外だった。ささやかな配慮だが、品質にちょっとした安心感を覚える。

applepencil-cap-no-kawari_3

カバーを外してみると、それはもうただのApple Pencilのキャップだ。何の疑いもないし、違和感もない。

applepencil-cap-no-kawari_4

背面はちゃんと、Lightningケーブルにハマるようになっている。

applepencil-cap-no-kawari_5

白色に、ちょっと金属の接合部分が見える。このフォルムも、Apple Pencilのそれと全く同じだ。

applepencil-cap-no-kawari_6

並べてみると、違いを見分けるのが難しいほど。左が純正/右が非純正だが、フォルムからカラーに至るまで、違いを見つけることは困難だ。

applepencil-cap-no-kawari_7

装着感もピッタリ。Apple Pencil特有の、磁石で「カチリッ!」とハマる感覚もそのままで、ちょっとやそっとのことでは抜け落ちないようになっている。

applepencil-cap-no-kawari_8

キャップは小さいものだし、充電するときは取り外してしまう。おそらく私と同じように、壊れてしまったり、紛失してしまったりする方も少なくないだろう。

そんなとき、Appleの純正品にこだわるのではなく、こうした非純正の類似品を頼るもの、悪くない選択肢だろうと思う。ぜひ活用してみてほしい。

applepencil-cap-no-kawari_9

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-モノ・ガジェット
-, ,

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ