iPhone

【Siri】声を使わずテキスト入力だけで使う方法

siri-text-input

iPhoneの優秀なコンシェルジュ「Siri」。なにか困ったことがあれば、とりあえず Siri に尋ねれば、大抵のことは解決したりする。

しかしそれでもイマイチ使われていないのは、おそらく「恥ずかしいから」ではないだろうか。

ぼくもいまだに「iPhoneに向かって話しかける」という行為に慣れない。特に人が多い場所で「ヘイ Siri」なんて、こっ恥ずかしい。日本人なのに「Hey」っていうこと自体、抵抗が……。

そこで便利なのが、声を使わず、テキスト入力だけでSiriを使う方法だ。これならどんな場所でも、思う存分にSiriをこき使える。

テキストだけでSiriを使う設定と使い方

設定方法は簡単だ。

設定アプリを開いて、「アクセシビリティ」→「Siri」と進み、「Siriタイプ入力」をオンにする。これだけだ。

siri-text-input_1

Siri を使いたいときは、電源ボタンを長押しする。すると Siri が起動するのだが、いままでと違って、キー入力が求められるようになっている。

siri-text-input_2

あとはいままで通り、Siriにお願いしたいこと、聞きたいことを入力すれば良い。

 

【ほぼ日刊】ガジェットへの想いを語るだけ

Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラムにて、ぼくの持っているガジェットについてあれこれ語る記事を公開中!いわゆる "レビュー記事" とは違った、ぼくの道具にかける想いをただただ自分勝手に語ります。ほぼ日刊更新中。

Siriの便利な使い方

さて。いままであまり Siri を使ってこなかった人にとっては、結局どうやって使ったら良いのか悩んでしまうところだ。

そこでぼくからの提案は「iPhoneで行う行動の、最初の一歩をすべて、Siriに変えてみよう」というものだ。

たとえばアラーム。いつもなら「時計」アプリを起動するところだが、これからはSiriに「5分でタイマーをかけて」と入力しよう。「7時半に起こして」でもいいかもしれない。

siri-text-input_3

たとえばインターネットでの調べ物。Safariを起動する前に、Siriに「長野のおすすめスポット」と入力しよう。すぐにWebでの検索結果を返してくれる。

siri-text-input_4

家までの帰宅経路を調べたいなら、マップを開かずに、Siriに「自宅への経路」と入力。そうすれば道順をすぐに調べてくれる。

このように、いろんな行動の最初の一歩を、一挙に引き受けてくれる。そうすれば必要な手順が少なくて済むことも多い。ぜひ試してみてほしい。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-iPhone
-, ,

© 2022 あなたのスイッチを押すブログ