ITツール

【広告の見分け方】Google、Amazon、楽天市場の検索結果1位はあなたが欲しい情報ではない

search-ad-miwakekata

Web上で行われるあらゆる検索行動において、検索結果1位はあなたが欲しかった情報ではない場合が多い。

Googleでの検索、あるいはAmazonや楽天市場での商品検索をしたとき、「なんだか自分が思ってた結果と、微妙に外れてるんだよなぁ」と感じたことはないだろうか。

特に注意すべきなのは、検索結果の1件目〜3件目ぐらいまで。これらは「あなたの欲しかった情報」ではなく、「あなたが興味を持ちそうなものを、企業がお金を払って見せている」。つまり広告なのだ。

検索結果の上位は「広告」である場合が多い

たとえばGoogleで検索したとき、一番上と、そこから数件に「広告」が表示されることがある。これは企業がGoogleにお金を払って、自社のサービスや商品を表示してもらっている枠だ。

かといって、あなたに全く関係のないものを表示しているわけではない。Googleはきちんと「マッチング」をしている。

あなたが検索したキーワード、あるいや年齢・性別・今まで行った検索行動などといった、あなたに関するあらゆる行動を分析。
そんなあなたに関する情報と、企業が設定した「広告と親和性が高い人の条件」を照らし合わせて、マッチしそうだと判断したら広告を出している。

こうした分析結果があるから、以前お話ししたように、私とあなたとではGoogleでの検索結果が異なるのだ。

この「マッチング」の精度が高いからこそ、私たちはそれを広告だとわからずにクリックする。「欲しかった情報と、ちょっと違うんだよなぁ」という “違和感” 程度でとどまっているのだ。

これはGoogle検索だけではない。Amazonや楽天市場での商品検索も同様で、検索結果の上位には企業からのPR枠が表示されるケースが多いことを覚えておこう。

検索結果と広告の見分け方

広告を表示するときのルールとして、「これは明確に “広告である” と表示しなければならない」というものがある。一見すると区別がつかないかもしれないが、見分けを付けることは可能だ。

Googleの場合

Googleの検索結果では、主に「広告」と表記されている。見た目のデザインはほとんど同じでわかりにくいが、きちんと区別されている。

search-ad-miwakekata_1

商品情報を表示させることもあるが、この場合でもきちんと「広告」と明示してある。

search-ad-miwakekata_2

ただ、Googleは日進月歩。知らないうちに仕様が変わっていたり、見せ方・デザインが変更になったりするので、その点は注意しなければならない。

Amazonの場合

Amazonでの商品検索の場合は、主に「スポンサー」という表記がしてある。

search-ad-miwakekata_3

「検索した結果で、同じ商品が2つ並んでたことがある」「欲しかった商品と、絶妙に噛み合ってない商品が結果に出てきた」なんて経験をした人も多いと思うが、それらは「広告」と「検索結果」の違いなのだ。

楽天市場の場合

楽天市場の場合、商品名の先頭に「PR」と表示されている。商品タイトルに【公式】と書いてあるのは、これは広告ではない。企業側が設定した商品名だ。

search-ad-miwakekata_4

「検索結果」と「広告」の見た目にほとんど違いがないので、注意してみなければ見落としてしまう。私も、意識しないと広告であることを忘れてしまったりするぐらいだ。

読み物系の記事の場合

ブログやメディアなど、読み物系のサイトでも広告がまぎれることがある。たとえば記事の末尾などにある「関連記事一覧」の場合、「Sponsored」「PR」などといった表記があれば、それは広告だ。

search-ad-miwakekata_5

「明らかに広告とわかるもの」と「注意しないと見分けがつかないもの」があるので、何気なくサイトを見ているだけだと見逃してしまいがちだ。

その他のサイト・サービスの場合

広告を広告とわからないで表示させる行為。これは禁止事項であり、ルール違反だ。どんなサイトやサービスでも、これは絶対のルールとなっている。

したがって、広告を探すときは「広告」「PR」「スポンサー」などといった表記があるかどうかが目印となる。注意してみてみよう。

広告が悪いことじゃあない

別に「検索結果は広告にまみれてる!注意しろ!絶対クリックするな!」と言っているのでは決してない。なんなら、個人的には広告は結構好きだったりする。

自分が望んだものばかりを手に入れていたら、偶然の出会いがなくなってしまう。ご縁ってのも良いもんだ。

知っておくことが大切なのだ。「検索結果の一番上は、自分が望んだものとちょっと違う」とわかっていれば、余計なクリックをしないで済む。自分が欲しい情報にいち早くたどり着けるのだ。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-ITツール
-, ,

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ