04_ウェブサービス

ウェブ会議で大活躍のバーチャル名刺背景を自分で作る方法

virtualmeishihaikei-generator

オンラインミーティングでは、直接名刺を交換することができない。それを解消するのが、背景画像に使用する「バーチャル名刺背景」だ。

名前がわからない相手だと、なかなか名指しで話しかけることができず、円滑なコミュニケーショが取れない。そんな問題も、これなら解消できる。

誰でも簡単で、しかも無料で作れるウェブツールがあるので、今回はその使い方と、作るときのコツを紹介しよう。

バーチャル名刺背景の作り方

各種必要項目を入力・設定

あとは手順に沿って、必要事項を入力していくだけで、簡単に名刺を作ることが可能。各項目で設定できる内容は以下の通りだ。

virtualmeishihaikei-generator_1

設定するにあたって、いくつかコツがあるので、詳しくはこの後に解説していく。

step

2

制作した画像をダウンロード

制作が完了したら、画面下の「バーチャル名刺背景生成」のボタンを押下。表示された画像を保存して完了だ。

virtualmeishihaikei-generator_2

step

3

Zoomなどで使用する

制作した画像をZoomなどのオンライン会議の背景に設定すれば、自分の名前や連絡先を相手にむけて常にみせておける。これで会議も円滑になるだろう。

virtualmeishihaikei-generator_3

ちなみに私は今回、会社で使う用と個人用、ふたつのパターンで作ってみた。

virtualmeishihaikei-generator_6
virtualmeishihaikei-generator_7

step

4

ジェネレーターで上手に作るコツ

上記のジェネレーターを使って画像を制作するとき、いくつか〈上手につくるためのコツ〉があるので、それをご紹介する。

いい感じの背景画像を入れる

名刺背景ジェネレーターでは、背景に自由な画像を設定できる。しかし〈いい感じ画像素材〉を都合よく持っている人も少ないだろう。

そこでおすすめなのが「Unsplash」というサイトだ。

virtualmeishihaikei-generator_4

プロの写真家の人が、撮影した写真を投稿するサイトで、ロイヤリティーフリーで使用することができる。

プロの撮影した写真ということもあって、かなり高画質でハイセンスな画像ばかりが揃っている。

画像を探すときは、英語でキーワードを入力のがポイントだ。海外のサイトのため、日本語で入力してもヒットしないので注意しよう。

ベタ塗りと背景画像の割合変更

バーチャル名刺背景ジェネレーターの基本構造は、「左:ベタ塗り/右:背景画像」という構成になっている。

左右の割合は自由に変更可能。「大きさや位置の変更」を選択し、数字を変更することで調整できる。

0:100にすることも可能で、背景画像のみを表示させることもできる。

virtualmeishihaikei-generator_5

ロゴの位置と大きさの調整

左上にはロゴを設置することができる。設置するロゴは、なるべくなら背景が透過のものを設定するとキレイに仕上がる。

位置や大きさは調整できるので、小さすぎない限りは、ロゴのサイズにはあまり気を配らなくても大丈夫だ。

不要な項目は適宜削除してOK

すべての項目を入力する必要はない。不要だと思ったら、入力欄を空欄、あるいは削除すればOKだ。

自分で作ったって良い

ジェネレーターはあくまで「簡単に画像を作るためのツール」。したがって、自分で画像を作れるのであれば、わざわざジェネレーターを使う必要はない。

サイズは「1920 x 1080 px」だ。私は XD などを使ってパパっとカスタマイズしたりしている。

そろそろ企業単位でも「会社用のバーチャル名刺背景、用意しました!」という話が出てきてもおかしくなさそうだ。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-04_ウェブサービス
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.