01_基本と応用 02_iPhone 02_基本の使い方と設定

iPhoneの写真をPDFに変換する方法!アプリ不要で簡単処理

photo-to-pdf

iPhoneで撮影した写真をPDFに変換する方法を紹介する。パソコンもアプリも不要。iPhoneだけで完結できる。

またもうひとつ、専用のアプリを使用してPDFにする方法も合わせて紹介しよう。スキャン機能やトリミングなど、アプリを利用したほうが便利なケースもあるので、こちらも知っておくと便利だ。

iPhoneの写真をPDFに変換する方法

写真の共有アイコンをタップ

PDFに変換したい写真を選んだら、左下にある共有アイコンをタップ。

photo-to-pdf_1

step

1

「プリント」を選択

メニュー一覧が表示されるので、すこし下にスクロール。項目の中にある「プリント」を選択する。

photo-to-pdf_2

step

2

サムネイルをピンチアウト

表示されたサムネイルを二本指でピンチアウトする。写真を拡大するときと同じように、指同士を離していくような感じだ。

photo-to-pdf_3

step

3

共有先を選択

この時点でPDFの変換は完了している。したがって、あとは共有先を選ぶだけだ。

右上の共有アイコンをタップ。「写真:PDF書類」となっていて、PDFになっていることが確認できるだろう。

最後に共有方法と共有先を選べば完了だ。保存したい場合は「ファイルに保存」を選ぶと、iPhoneの中に保存できる。

photo-to-pdf_4

step

4

アプリを使用してPDFで共有する方法

上記は、アプリを使わず、iPhoneにもともと用意されている機能だけを使ってPDFに変換する方法だ。

ただ、アプリを使うことで、簡単に、それでいて便利な機能を活用しながら、PDFに変換することもできる。

おすすめなアプリは「Adobe Scan」。Adobe が提供しているアプリだが、無料で利用することが可能。

photo-to-pdf_5

撮影対象の四隅を検知して、自動的にスキャン。余計な背景をすべて排除して、書類だけをトリミングしてくれる。

動作も軽快で、Dropbox などのストレージサービスへの保存も可能。Adobe アカウントを持っていれば、PCやタブレットでも同じデータを共有できる。

これひとつだけで、手元にあるあらゆる書類を電子データ化できる。非常に使いやすく便利なアプリなので、合わせて試してみてほしい。

それでは、今日はこのあたりで。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_基本と応用, 02_iPhone, 02_基本の使い方と設定
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.