iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Chromeに保存されたパスワード「****」を確認する2つの方法

この記事のURLとタイトルをコピーする
chrome-pass-open

ウェブサービスなどにログインするときに使うパスワード。これは基本的に、他人に見られて流用・悪用されないように「****」と、表示は伏せられる。

chrome-pass-open_1

しかしときには、この伏せられた「****」の中身を確認したいときもある。そんなときに使える便利なChrome拡張機能「Reveal」と、正規にパスワードを確認する方法をご紹介しよう。

Google拡張機能「Reveal」

Googleの拡張機能「Reveal」は、伏せられたパスワード「****」を表示させるための拡張機能だ。インストールは以下のリンクから可能。

インストールすると、chromeの右上の拡張機能一覧に追加される。

chrome-pass-open_2

使用方法

使い方はカンタンだ。伏せられたパスワードを選択した状態で、右クリックのメニューを表示。そのなかから「Reveal Password」を選択すればOKだ。

chrome-pass-open_3

すると、隠れていたパスワードが表示される。この状態であればテキストのコピーも有効になる。

chrome-pass-open_4

しかしこの方法が非常に危険だということはわかってほしい。あなたのマシンを使用した第三者が、誰でも簡単にパスワードを盗み取れてしまうのだ。

確かに便利な拡張機能かもしれない。しかしこれが諸刃であることは、しっかりと認識しておく必要がある。

Chromeには、保存されたパスワードを確認する手段がある。したがってぼくは、正規の方法での利用のほうがおすすめだ。

Chromeに保存されたパスワードを確認する方法

先ほどのように、伏せられたパスワードにカーソルを当ててクリックをする。するとメニューが表示され、「パスワードを管理」という項目が出る。

chrome-pass-open_5

これをクリックすると、chromeに保存されているパスワードが一覧になって表示される。

chrome-pass-open_6

ちなみに、Chromeの右上の「…」からメニューを開き、その中の「設定」を選択。表示された設定画面のなかから「パスワード」を選択しても、同じ画面にたどり着くことができる。

chrome-pass-open_7

chrome-pass-open_8

このなかから目視で確認するのは大変だ。右上に検索ツールがあるので、調べたいサイトのURLを入れるなどして、該当のパスワードを探そう。パスワードを確認したいときは、パスワードの横にある目のアイコンをクリック。

chrome-pass-open_9

するとパスワードの入力を求められる。ここではパソコンにログインするときに使っているパスワードを使う。

chrome-pass-open_10

そうすると、先ほどの管理画面で伏せられていたパスワードが表示されるようになる。この状態であれば、パスワードをコピーすることも可能だ。

chrome-pass-open_11

このように、正規の方法であれば、途中で必ずパスワードの入力が必要になる。第三者があなたのパソコンを使ったとしても、パスワードが露呈することはない。比較的安全な方法だといえるだろう。

まとめ

そうはいっても、個人的には、パスワードは一元管理するべきで、Chromeに保存させるべきではないと考えている。

ぼくは「1Password」というパスワード管理ツールを使っているが、こういったアプリを利用するなりして、どこか一箇所にまとめて保存・管理する仕組みを、自分でちゃんと作るべきだと思う。

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする