iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

ブログの文字の大きさや行間は適当?読みやすい文章のためにするべき事

この記事のURLとタイトルをコピーする

ブログ初心者が抱える悩みや疑問にお答えする質問箱「Blog Beginner’s Box」。通称「BBB」

今回はブログ記事の文字の大きさや、文字の間隔についてお話しましょう!

BBBバナー 400 100

ブログのフォントサイズや文字の間隔、そして行間については、「絶対にこれが良い!」というものがありません。

しかし、読みやすいブログを作るなら必ず気に留めておきましょう。ほんのちょっとの手間を惜しまず、この機会に考えてみましょう。

読みやすいブログを作ることが、ブログを成長させる第一歩になります!

BBB ブログの文字の大きさや行間は適当 読みやすい文章のためにするべき事

ギュウギュウでもスカスカでも読みにくい

ブログの基本テキストで考えるべきは3つです。「フォントサイズ」「文字間」「行間」の3つです。

BBB ブログの文字の大きさや文字間は適当 →読みやすいブログを参考にすべし 1

ある一定の範囲に文字がギュウギュウに詰まっていると、非常に読みにくい文章になってしまいます。それは例えば、フォントサイズが小さ過ぎたり、文字間や行間が狭すぎたりする場合です。

ですが逆に、文字の間隔が開き過ぎていても、それはそれで読みにくいのです。一つの画面で得られる情報量が少な過ぎると、その分読者はスクロールをいっぱいしなくてはなりません。

読みやすいブログとは?

「じゃあ、フォントサイズは16pxがベスト?line-height(行間)はいくつがいいの?」これに対する明確な答えはありません。

これは仕方がないです。ブログにはそれぞれデザインがあって、それに対して最適なフォント設定がありますので。こればかりは自分で見つけるしかないのです。

かと言って、闇雲に文字の大きさを探し当てるのも、時間がかかって仕方ありませんよね。

そこで私は、自分が気に入っているブログを参考にして、そこから当てを付けていきました。

人気ブログ・お気に入りブログを参考に

人気ブログには人気ブログたる由縁があります。また、自分が「読みやすい」と感じるブログにも、読みやすい理由があるんです。

それを突き止めて、それを真似すれば良い。パクっちゃえばいいんです。

私が参考にして来たのは、例えば以下のようなブログです。どれも超人気ブログでありつつ、私が個人的に超好きで、「読みやすい」と感じているブログです。





これらのブログを参考にして、だいたいの当てを付けます。

当てが付いたら、後は自分のブログをちょこちょこ変えてみて、自分自身が納得できるフォントサイズを探し出せば良いと思います。

ちなみに当ブログは、

・font-size → 15px
・line-height → 27px

になっています。

どうやってフォントサイズを調べるの?

最後にフォントサイズの調べ方をご紹介します。

ウェブブラウザ(今回はChrome)で調べたいブログ記事を開き、本文中の一文を抜粋。その上で右クリックをして「要素の検証」を選択します。

BBB ブログの文字の大きさや文字間は適当 →読みやすいブログを参考にすべし 2

そして、右の項目を下にスライドしていけば、「font-size」や「line-height」が見つかるはずです。

BBB ブログの文字の大きさや文字間は適当 →読みやすいブログを参考にすべし 3

あとがき

どうしたら最高のブログができあがるか。その答えはきっと、自分が最高だと思うブログをとことんパクる事にあると思います。

最高だと思うには理由がある。その理由ひとつひとつを自分でちゃんと理解して、それを自分のブログに取り入れていけば、いつか自分のブログが最高になっていく。

だからこそ、ブロガーは他のブログを読みまくって勉強することが大切だと思うのです。



最後に本のご紹介。これは、私が自分のブログを育てるのに参考にした本なんです。ブログを本気でやるなら、読んでおいた方が良いです!






この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です