iPhone

【iPhone】バックアップすべきアプリ、削除していいアプリ

backup-storage-manage

iPhoneが突然、バックアップが取れなくなった。昨日までは問題なかったはずなのに……。

それはおそらく、バックアップ対象となるアプリが増えたから。iCloudの容量が限られている人は、バックアップ対象を厳選しなければ、すぐに枯渇してしまいます。

この記事では、iPhoneのバックアップ対象の選び方と、厳選するべきアプリについてお話しします。

バックアップができなくなる原因

iPhoneは基本的に、以下の条件に合致した状態になれば、自動的にバックアップを取得してくれます。

  • 電源に接続されている
  • ロック/スリープ中である
  • Wi-Fiに接続されている

しかしこれはあくまで、iCloudの容量が十分に残っていた場合。バックアップに必要なデータ容量が大きすぎると、バックアップを取得できずにエラーが発生します。

iCloudの容量は、無料で5GB。決して多くはない容量ですので、バックアップするファイルを厳選しなければ、すぐにパンパンになってしまいます。

バックアップ対象は厳選して、必要なものだけを残すようにしましょう。

バックアップ対象を厳選する方法

バックアップを残すアプリは、設定から確認・変更できます。

「設定」アプリを開き、「Apple ID」→「iCloud」→「ストレージを管理」→「バックアップ」→「このiPhone」と進みます。

backup-storage-manage_1
backup-storage-manage_2
backup-storage-manage_3

少し時間を置くと「バックアップするデータを選択」という項目に、アプリが一覧で表示されます。クルクルとロードが終わるまで、しばらく待ちましょう。

backup-storage-manage_4

データ容量が大きい順に並びますので、バックアップが不要なアプリは、左のボタンをオフにします。

バックアップしなくて良いもの!するべきもの!

すべてのアプリデータをバックアップに残しておく必要はありません。iPhoneのなかではなく、クラウド上にデータを保存しているタイプのアプリもあります。

したがって、バックアップを取るアプリを厳選すれば、iCloudのストレージを空けることができます。

ここでは、バックアップ対象として残すべきか、残さなくてもいいか、その判断の仕方をお話しします。

iPhoneの写真

写真は、どこか他のクラウドサービスや、外付けのハードディスクに保存をしているなら、バックアップは不要です。

iPhoneの中に入っている写真や動画を、無理にiCloudのバックアップファイルの中に入れておく必要はありません。

写真だけで非常に大きな容量を占めてしまうので、基本的にはオフにしておいたほうが懸命でしょう。

その代わり、繰り返しになりますが、写真の管理・保存はきちんと他のクラウドサービスなどを利用して、無くならないようにしておきましょう。

LINE

LINEのバックアップデータは意外と大きなボリュームになっていることが多いです。しかしなかなか消せないデータでもあります。

これにはトーク内容などが保存されており、新しいiPhoneに機種変更したときに、データを引き継ぐために必要になります。なのでこれはオンにしておいたほうがいいでしょう。

ゲーム関係

ゲーム関係のデータは非常に大きくなりますが、バックアップする必要はありません。

最近のゲームはSNSやApple IDと連携するのが基本。アカウントを連携するゲームというのは、進行状況がアカウントに紐づきます。

したがって、iPhone内のデータが消えてしまっても問題ありません。ゲームを再インストールしても、アカウントでログインし直せば、同じ状況で復元できます。

なので、アカウント連携して遊んでいるゲームは、iPhoneのバックアップ対象として残す必要はないのです。

その他のアプリたち

その他のデータは比較的小さいものが多いので、あまり気にする必要はないかもしれません。しかしそれでも「残すべきか、残す必要がないか」は悩んでしまいますよね。

バックアップ対象にするか、しないか。その判断基準は「データの保存場所がどこか」です。

FacebookやTwitterなどのSNSなどは、アカウントにログインして使用するアプリです。そういったものは、機種が変わっても、アカウントにログインさえできれば常に同じ状態で使用できます。

こうした「アカウントを使って利用するアプリ」は多く、iPhone内だけで完結するアプリというのは意外と少ないものです。

iPhone内に残っているデータは、実はそこまで重要ではないケースも多いのです。

執筆後記

バックアップデータは大切ですが、すべてがすべて、絶対に必要なデータではありません。

本当に重要なデータは、実はあなたの手元ではなく、すでにクラウド上にすべて保存されていたりするものですよ。

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-iPhone
-, , ,

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ