iPad

Macの画像にiPadからリアルタイムで手書きする「連携マークアップ」が超便利

mac-ni-ipad-de-tegaki

iPadをお持ちなら、ぜひ活用して欲しいオススメの機能があります。それが「Macの画像に、iPadからリアルタイムにペン入れをするテクニック」です。

その名を「連携マークアップ」。

iPadをサブディスプレイ化する「Sidecar」という機能がありますが、それよりももっと手軽でスピーディー。特に私は、ブログで使う画像に注釈を入れたりするので、非常に重宝しています。

mac-ni-ipad-de-tegaki_4

連携マークアップ:Macの画像にiPadから手書きする

今回は、Macで開いている画像に、iPadから手書きの文字を入れる方法をご紹介します。Apple Pencilを使えば、精密なペン入れをすることができます。

方法は簡単。

まず前準備として、連携機能を使いたい各デバイスで以下の設定をしておく必要があります。

  • Wi-Fi と Bluetooth をオンになっている。
  • 同一の Apple ID で iCloud にサインインしている。
  • 2ファクタ認証(二段階認証)が有効になっている。
  • 各デバイスが近い距離にある。

次に、Mac で画像を開きます。「プレビュー」アプリで開く必要はなく、画像ファイルを選択している状態でスペースキーを押す「クイックルック」でもOKです。

mac-ni-ipad-de-tegaki_1

画像を開いたら、ペンアイコンをクリックして、マークアップモードにします。

mac-ni-ipad-de-tegaki_2

次に、メニューの中にある iPad のアイコン、あるいはペンアイコンをクリックし、出てきた選択肢から「iPad」を選択します。

mac-ni-ipad-de-tegaki_3

すると、iPad の画面に、Mac の画像が表示されます。この状態で、iPad に文字を入力すると、その内容がリアリタイムで Mac のほうにも反映されます。

mac-ni-ipad-de-tegaki_4

手軽にササッと手書き文字を入れたいなら、「Sidecar」でディスプレイ化するよりも、「連携マークアップ」を使ったほうが便利です。ぜひ使ってみてください!

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-iPad
-, ,

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ