01_基本と応用 02_iPhone 02_基本の使い方と設定

iPhoneの3D Touch初心者の皆様へ!画面への押し具合を練習できます

3dtouch-practice

iPhone 7 Plusを手に入れました。以前はiPhone 6 Plusを使用していたので、今回から初めて3D Touchを使うことになります。

軽く触っただけですが、これ、かなり便利ですね。

メールをプレビューしたり、Safariのリンク先をプレビューしたり、アプリ内の動作をホーム画面から実行できたり——。今までの操作で必要だったステップが短縮されるのは非常に快感です。

ただ、自分がどれだけ押し込んだら、どれだけ反応しているのか。それが分かりにくいので、感覚に慣れるまで時間が掛かりますね。

そんなときに見つけたのが「ウェブ上で3D Touchの押し具合を可視化できるサイト」です。それを今回ご紹介。

3D Touchの感度を変更する方法(後述)もありますので、自分の使いやすい "押し具合" を見つけましょう!私のようにiPhone 7シリーズから初めて3D Touchを使う人は、ぜひ感覚を掴むための練習として活用してください。

3D Touchの押し具合を可視化できるサイト

3D Touchの押し具合を可視化できるサイトを、当記事の中に埋め込みました。以下の画像の中にある太陽をググっと押し込んでみてください。

押し込み具合に応じて、真ん中の円が大きくなり、背景がぼやけます。左下の「Force」が押し具合を数値化したもので、1.00が100%という意味です。

機種やOSによっては上手く機能しない可能性もあります。その場合はすみません!

3D Touchの感度を変更する方法

3D Touchの感度は設定から変更可能です。

設定アプリを開き、「一般 > アクセシビリティ > 3D Touch」と進んでいき、「3D Touchの感度」のレベルを調整します。

「弱い」にすると、弱い力で大丈夫に(簡単にForceが100%に)なり、
「強い」にすると、強い力が必要に(Forceを100%にするの力が必要に)なります。

3dtouch-practice_01

執筆後記

3D Touchを使いこなせるようになったら、iPhoneでの作業がかなり捗りそうですね。対応しているアプリを探すだけでも時間かかりそうですが、いろいろ弄り回そう。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_基本と応用, 02_iPhone, 02_基本の使い方と設定
-, , ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.