iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

DragonDropがストアから消えたので代わりに使い始めたYoinkだけど超絶便利

この記事のURLとタイトルをコピーする

DragonDropはMacの便利系アプリの中でも群を抜いて便利だった。

胸を張って人にオススメできる、数少ないアプリだったのに……何故あんなことに……。

なんと、Dragon DropがヒッソリとAppStoreから姿を消しているのです。

ワタシのMacの中にはアプリが入っているので引き続き使えていますが、どこかのOSのアップデートで使えなくなるかもしれない。不具合が出てもサポートされないでしよう。

あぁ。なんてことだ。

……起こってしまった事実を嘆いても仕方ない。同じような機能を持ったアプリ、つまり「Mac上にファイルの仮置き場を作ってくれるアプリ」を見つけたので、今はそれを使い始めています。

dragondrop-to-yoink

DragonDropの代わりはYoinkがオススメ

という事で現在、DragonDropの代わりとして愛用しているのが「Yoink」というアプリ。

Yoink

Yoink

Matthias Gansriglerユーティリティ, 仕事効率化¥360(掲載時点)詳細・ダウンロード

できることは基本的にDragonDropと同じです。

Mac上でファイルを掴むと、そのファイルを仮置きできるフィールドを作ってくれます。

Dragondrop to yoink 1

その仮置き場にファイルをドロップすると、Macの画面の四隅にスィーっと移動します。この仮置き場は他のウインドウより優先的に前に表示され、後ろに隠れることがありません。

Dragondrop to yoink 2

あとは悠々と、そのファイルを他の場所に移動させることができます。

あくまでファイルを仮置きしておく場所

Yoinkが作り出すフィールドは、あくまでファイルを移動させるために一時的に置く場所であって、保存する場所ではありません。

なので、ここにファイルをドロップしても、元のファイルは移動しません。Yoinkの×アイコンをクリックしても、仮置き場から消えるだけで、ファイルが消えるわけじゃありません。

Dragondrop to yoink 3

仮置き場からファイルを移動させたときに初めて、元の置き場所から移動します。

Dragon Dropよりも優れている点

Dragon Dropと違って、Yoinkでは複数のファイルを仮置きしておけます。

なので、いろんなファイルをガシガシと仮置きして、それらを一括ガツンと他のフォルダに移動させるってことが、カンタンにできてしまいます。

Dragondrop to yoink 4

これはDragonDropではできなかった使い方ですね。大量のファイルを一気に移動させられるのは便利です。

あとがき

DragonDropの手軽さ、大好きだったのになー。職場の人に勧めてもスゴく喜ばれるアプリだっただけに、悔やまれます。

Yoinkが全く同じ使い勝手かというと、個人的にはやっぱりDragon Dropの使いやすさに軍配が上がります。でも、Yoinkも充分に便利なアプリなので、インストールして損はありませんね。これはこれでオススメ。

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする