iPhone Mac

Macでコピーしたものは瞬時にiPhoneでペーストできるって知ってた?逆も然り

Universal clipboard

MacやiPhoneはアップデートを繰り返しており、知らず知らずのうちに便利な機能が増えていたりします。「ユニバーサルクリップボード」もそのうちの一つでしょう。

そしてこれは「知らなかった」では済ませられないほど便利な機能。今日を機会にぜひ活用してもらえたらなと思います。

実は最新のmacOS Sierraから、MacでコピーしたものはiPhoneで、iPhoneでコピーしたものはMacで、すぐにペーストできるようになったのです。

ユニバーサルクリップボードとは

今日時点の最新macOS Sierraでは、MacとiPhone、iPadの間でコピーしたテキストや画像が共有できる「ユニバーサルクリップボード」機能が実装されました。

しかし私たちは、何も意識する必要はありません。

普通にMacでテキストを「コピー」します。

Universal clipboard 1

そうしたら、そのままお手持ちのiPhoneで「ペースト」を選択します。

Universal clipboard 2

すると不思議なことに、今さっきMacでコピーした内容を貼り付けることができるのです。

Universal clipboard 3

これは逆も然り。iPhoneでコピーした内容をMacでペーストすることも可能です。

また画像にも対応しているのが地味に便利。例えばiPhoneのカメラロールに保存してある写真をコピーして、それをそのままKeynoteのスライドに貼り付けることだってできるのです。

Universal clipboard 4

ユニバーサルクリップボードの感動的なところは、タイムラグを感じない点。同期を待つとか、何かボタンを押すとか、そういう無駄な手間が一切ない。

ただただMacでコピーして、それをiPhoneでペーストする。それだけ。この作業に作業のスムーズさに感動すら覚えます。

ユニバーサルクリップボードが使用できる条件と環境

Macの機種について

古いMacはこの機能に対応できません。使用条件として、以下の機種に当てはまっている必要があります。

  • MacBook(Early 2015以降)
  • MacBook Pro(2012以降)
  • MacBook Air(2012以降)
  • Mac mini(2012以降)
  • iMac(2012以降)
  • Mac Pro(Late 2013)

同じAppleIDでログインしているか

2つ目の条件として、MacとiPhone、それぞれで同じAppleIDでログインしている必要があります。

もちろんiPadを含めた3機種間でクリップボードを共有したいのであれば、それぞれのデバイスで同じAppleIDを使用する必要があります。


以上。

ちなみに、ユニバーサルクリップボードが有効なのは、コピーしてから2分間だけとなります。その点だけは注意しましょう。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-iPhone, Mac
-, , , ,

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ