iPhone

【結論】SIMピンの代用はクリップ一択!便利なマルチツールもおすすめ

SIMカードを抜くために必要な「SIMピン」。

そもそもSIMカードを抜き差しする機会なんて、そうそう頻繁にあるものではありませんので、多くの人がSIMピンなんて手元に無いでしょう。

そこで、代わりとなるアイテムが何かを探して、さまざまな記事を読み漁ったかもしれませんが、結論として選択肢は「クリップ」のみといえます。

¥367 (2023/09/25 23:28時点 | Amazon調べ)

可能性のあるアイテムとして「安全ピン」「画鋲」「シャープペンシル」がよくとりあげられますが、これは製品のによって使える/使えないがわかれます。

また、身近なもので期待されるもので「爪楊枝」がありますが、これは太すぎて穴に刺さらないのでNG。
「カッターで細く研ぐ」なんてことも可能性としては考えられますが、折れてしまうリスクは考慮しておきましょう。

クリップをSIMピンの代わりに使うコツ

クリップでSIMスロットを開けるときのコツは、持ち手をしっかり残すことです。

SIMスロットを開けるためには、穴にピンを刺して、強く押す必要があります。
このとき、押すために結構な力が必要になります。クリップをすべてまっすぐに伸ばしてしまうと、力が入らず、うまくスロットを開けられません。

したがってクリップを広げるときは、以下のような形で、持ち手を残しておくのがおすすめです。

SIMピン搭載のマルチツール

いつ使うともわからない。何度使うかもわからない。そんなものにお金をかけたくない!というのが、私の個人的な気持ちです。

そんなときに出会ったのが、以下のマルチツール。こちらのマルチツールにはSIMピンが搭載されています

マルチツールなら、SIMピン以外の用途でも使えるため、持っておいても損することはありません。万が一の災害時にも役立つツールが揃っているので、一本持っておくと心強いですね!

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-iPhone
-,