モノ・ガジェット

MacBook Air M1と一緒に買いたい周辺アクセサリー・ガジェット

MacBook Air M1と同時に買いたい周辺アクセサリーやガジェット

MacBook Air M1 13インチを購入したのだが、それと同時に、関連するアクセサリーやガジェットをいろいろ買い揃えた。

ぜひとも手に入れておきたい「専用ケース」「スタンド」「ガラスフィルム」などにはじまって、必須じゃないけど買っておきたい「キーボード保護フィルム」や「ステッカー」などなど。

MacBook Air M1 13インチを買った人が、周辺アクセサリーで迷ったときの参考になれば幸いだ。もしこのMacを最終的に中古として買取にだすつもりなら、フィルムやケースはぜひ採用しておこう。

保護ケース:エレコム - ZEROSHOCK UltraBook

軽くて薄い MacBook Air M1 13インチ。持ち出す機会も多いだろうから、安心安全に持ち運ぶ手段を用意しておきたいと考えた。そこで買ったのが、エレコムの「ZEROSHOCK」だ。

このシリーズは、僕がMacを使い始めたときからずっと愛用しつづけているものだ。Macを新調するたびに買い替えてきた。

スタイリッシュな薄型ケースは山ほどある。しかしそれらは、擦り傷(スクラッチ)を防止するのには役立つが、大きな衝撃から守ってはくれない。

リュックなどに入れて持ち歩くとしても、外部からどんな衝撃が加わるかはわからない。カバンごと落としたり、人にぶつかったり、満員電車で押しつぶされたりと、危険にさらされる機会は意外と多い。

だから僕は「耐衝撃性」を重要にしている。外からの攻撃をしっかりと守ってくれてこそ、ケースに入れる意味があるというものだ。

エレコムの「ZEROSHOCK」は、中身が低反発ポリウレタン製になっている。ウェーブ型で凹凸形状をしているので、クッション性が高い。外部からの衝撃をやわらげてくれる。

MacBook Air M1と同時に買いたい周辺アクセサリーやガジェット_7
MacBook Air M1と同時に買いたい周辺アクセサリーやガジェット_6

ケースとしてはちょっと嵩張ってしまうかもしれないが、重量は重くない。カバンに余裕があるなら、ぜひ採用しておきたいケースだ。

液晶保護フィルム:simplism - 高透明(not アンチグレア)

iPhoneでは一般的な液晶保護フィルムだが、Macにも採用しておいたほうが安心だ。購入したのが simplism の液晶フィルム。iPhoneでのお馴染みのメーカーだ。

今まで使っていた MacBook Pro でも画面が割れた経験はないが、細かな擦り傷や汚れが付くことはあった。外での使用機会が多くなる MacBook Air ならなおさら。

「念のため、万が一のため」というぐらいの、お守り的存在だが、保護しておいたほうが安心できる。

フィルムを貼っても使用感に変化はない。貼っていることがわからないほど自然な装着感・見た目なので、貼っておいて損はない。

ちなみに「アンチグレア」「反射防止」「半透明」と表記されているタイプは、ザラザラした質感のフィルムで、液晶の品質が大きく低下する。

せっかく美しい液晶を持ったMacBook Airを買ったのだから、それは最大限に活かしたい。ぜひ「光沢」「高透明」といった表記のあるフィルムを選ぼう。

PCスタンド:EC-SHIELD

MacBook Air M1と同時に買いたい周辺アクセサリーやガジェット_1

キーボードのタイピングを快適にするには、Macに傾斜をつけることが重要。キーボードがちょっと斜めになっているほうが、明らかに手首への負担も軽くなり、キーが打ちやすくなる。

今回僕が採用したのが「EC-SHIELD」というPCスタンド。盾型のフォルムをしていて、アルミ合金製でスタイリッシュなのが特徴だ。

MacBook Airの背面に貼り付けて使用。手で簡単にスタンドを立てることができる。接地面にはゴム素材を採用しているので、テーブルなどを傷つける心配もないし、筐体が滑る心配もない。

MacBook Air M1と同時に買いたい周辺アクセサリーやガジェット_4

角度はおおよそ15度。画面を顔の正面に置きつつ、無理のない角度でキータイピングが可能になる。

同様のガジェットとしては「MOFT」や「Kickflip」がメジャーだ。両方とも使ってきた僕だが、今回の「EC-SHIELD」を含めて、すべての商品が甲乙つけがたいほど高品質。

どれを買っても後悔することはないだろう。好みの問題なので、自分が気に入ったもの、直感的に良いと思ったものを買おう。ちなみに僕は「アルミ素材でカッコ良さそうだから」という理由でEC-SHIELDを選んだだけだ。

キーボードカバー:moshi - Clearguard

MacBook Air M1と同時に買いたい周辺アクセサリーやガジェット_8

正直、キーボードカバーを嫌う人も多いだろう。僕も、できれば付けないほうが使いやすいかなとは思う。

しかし、長く綺麗に使いたいのなら、やっぱりカバーがあったほうが安心だ。

たとえば僕が5年以上使いつづけたMacBook Pro。キーボードの印字が剥げてきているだけでなく、手垢が付いていたりする。おそらくキーボードの中に至っては、小さな塵や埃がたまていることだろう。

MacBook Air M1と同時に買いたい周辺アクセサリーやガジェット_5

衛生的にも気持ちのいいものではないので、極端に嫌いというわけではないなら、キーボードカバーを付けておくと安心だ。

キーボードカバーは選び方に要注意。安物のカバーもいろいろと売っているが、安物の銭失いとなりかねない。打感が変わりすぎてタイピング性能が著しく落ちたり、すぐに劣化して伸びてしまったりと、不具合が出てくる可能性が高い。

その点「moshi」の「Clearguard」は安心できる。

キーボードに吸い付くようにフィットして、MacBook Airのタイピング性能を損なうことがない。打感にすこし違いは出てくるが、ストレスを感じるほどの気持ち悪さはない。とても自然に使える、数少ないキーボードカバーだ。

MacBook Air M1と同時に買いたい周辺アクセサリーやガジェット_3

価格は決して安くないが、もし「MacBook Airを長く大切に使いたい」あるいは「最終的には査定に出そうと考えている」というなら、早めに対策を打っておくのが良いだろう。

MacBook ステッカー:リンゴに乗る黒猫

MacBook Air M1と同時に買いたい周辺アクセサリーやガジェット_2

最後は、機能面では一切役に立たないアイテム、「ステッカー」を紹介しよう。

Appleのロゴマークは非常に特徴的なトレードマークだ。これに、ちょっとした遊び心をくわえられるステッカーがいろいろと販売されている。

たとえば僕が買ったのは黒猫のステッカー。リンゴの上に座って、しっぽを垂らしているようなモチーフになっている。

その他にも「白雪姫」「銃で撃ち抜かれるリンゴ」「りんごジュース」などなど。探せば探した分だけ見つかるので、探している時間も楽しい。

MacBook Air M1と同時に買いたい周辺アクセサリーやガジェット_9

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-モノ・ガジェット
-, , ,

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ