09_ガジェット

FPS用ゲーミングイヤホンにSHURE SE215が人気な7つの理由

fps-se215-reason

PUBGパブジー」「Call of Dutyコールオブデューティー」「Apex Legendsエイペックスレジェンド」などのFPS・バトルロイヤルゲームにオススメのゲーミングイヤホンとして、たびたび「SHURE SE215 Special Edition」が取り上げられる。

かなり古いモデルのイヤホンだし、ゲーム用に開発されたイヤホンではない。それなのに、いったいなぜ、プロも愛用するほど人気があるのだろうか。

その理由を7つにまとめてご紹介しよう。

あなたがもしゲーミングイヤホンを探していて、「SHURE SE215 Special Edition」を検討しているなら、買って後悔することはないだろう。

それほど優秀なイヤホンであることは、先に申し上げておこうと思う。

「SHURE SE215 Special Edition」はプロも愛用するほどの人気モデル

Amazonや楽天市場で「ゲーミングイヤホン/ゲーミングヘッドホン」と検索すると、5.1chや7.1chのサラウンド対応している「ゲーム専用オーディオ」がヒットする。価格もまちまちだが、安いものだと5,000円以下で買えてしまう。

しかしGoogleで「ゲーミングイヤホン おすすめ」と検索すると、結果が異なる。しかも、ランキング記事で取り上げられているのは、そもそもゲーミングイヤホンではないSHURE社の「SE215 Special Edition」だ。

「SE215 Special Edition」が取り上げられているランキング記事は、ざっと調べてもこれだけ列挙できる。

ゲーミングイヤホンでもないSHUREのモニターイヤホン入門機「SE215 Special Edition」が、なぜここまで人気なのか。その理由を私なりに7つにまとめたので、購入を検討しているなら参考にしてもらいたい。

2種類の「SE215」

SHUREの「SE215」には、「SE215(無印)」と「SE215 Special Edition」の2つがある。今回私が紹介しているのは「SE215 Special Edition」のほうなので、間違いないように気をつけてもらいたい。

また「Special Edition」には、リモコン・マイクが付いているモデルと、付いていないモデルがある。

FPSなどでコミュニケーションを取るのであれば、「リモコン・マイクが付いているモデル」を選択するようにしよう。

理由①:音の解像度が高く聴き分けに優れている

fps-se215-reason_1

FPSにおいて、イヤホン・ヘッドホンで重視すべきは「音の解像度」だ。

「音が鳴った方向がわかる(音の定位がつかめる)」「音の音量の強弱が聴き分けられる」「小さな音を拾える」といった機能は、すべて「音質の良さ」が絶対条件だ。

ゲーミングイヤホンを謳っている 5.1ch・7.1ch サラウンド対応イヤホンがあっても、そもそも音質が悪ければ意味がない。

安価な中国品が多数出回っているが、そもそもの「音の解像度」が悪ければ、ゲーミングイヤホンとしては三流なのだ。

「SE215 Special Edition」は、イヤホンブームの火付け役ともなったSHURE社の代表モデル。

モニタリングにも使用できるほどの高い解像度をもち、高音から低音までバランスの良いサウンドが楽しめるのが特徴だ。

これをFPSで使用すると、"細かい音" を "正確に" 拾うことができる。索敵に非常に役立つと約束しよう。

ほんの僅か、敵が一歩だけ動いたときの「カサッ」という音を聞き逃すことがなく、命拾いをした事が、私は何度もある。

「5.1ch・7.1ch サラウンド対応」に魅力を感じるのもわかるが、私は「SE215 Special Edition」を選択してよかったと実感している。

ちなみに「SE215 Special Edition」は、「SE215(無印)」よりもさらに重低音を強化するチューニングを行ったタイプ。足音などの小さく低い音を拾うのに適したモデルといえるだろう。

理由②:遮音性に優れたイヤーピースでどこでも集中できる

fps-se215-reason_2

「SE215 Special Edition」には、騒音カット効果に優れた、弾力性のあるソフトなイヤーパッドが使われている。

指で押せば簡単に形状が変わり、すぐさま元の形に戻る。どんな耳の形にもフィットさせることができ、耳の穴に隙間を空けさせない。

そのため非常に高い遮音性を誇るのだ。

車の通りが多い246号線沿いでも、人の話し声が騒々しい喫茶店の中でも、聴こえてくるのはゲームオンだけ。場所を選ばずに集中することが可能だ。

理由③:長時間の使用でも疲れにくい

fps-se215-reason_4

「SE215 Special Edition」についてくるイヤーパッドは非常に柔らかく、ソフトで、装着感が非常に快適だ。

いわゆる「SHURE掛け」と呼ばれる、耳に引っ掛けて装着する形をとるが、非常に安定感があり、ちょっとやそっとでは抜け落ちたりしない。

そのため耳への疲れも少なく、長い時間でも使っていられる安定感がある。

理由④:有線なので遅延がない

「SE215 Special Edition」は有線のイヤホンだ。Bluetooth接続のワイヤレスイヤホンではない。

日常生活では邪魔になりがちなケーブルだが、ゲーミングイヤホンとしては有線のほうが良い。間違いなく良い。

有線に遅延は起こり得ないのだから。

最近では低遅延を特徴にしているワイヤレスイヤホンもリリースされているが、ケーブルに優ることは決してない。

「SE215 Special Edition」の嬉しいのは、ケーブルを付け替えることで「Bluetooth接続のワイヤレスに変えることができる」という点だ。

ケーブル自体が非常に高価なのがネックではあるが、以下の交換ケーブルを購入すれば、ワイヤレスに変換できる。

「日常生活ではワイヤレス」「ゲームをするときは有線に」といった取り回しも可能である。

理由⑤:マイク付きで会話ができる

fps-se215-reason_3

「SE215 Special Edition」には、右耳のケーブルにマイクを内蔵したリモコンが付いている。

チームメンバーと会話をしながら楽しむにも、他のマイクを用意する必要がなく、「SE215 Special Edition」だけで完結できる。

ゲーム以外にも、リモートワーク(テレワーク)時のビデオ会議などでもそのまま使えるため、日常使いとしても重宝するので助かっている。

ただしマイクの品質は決して高いものではない。こだわるのであれば、マイクは別に用意したほうがいいだろう。

理由⑥:音楽鑑賞用としても優れている

ゲーミングイヤホンは、基本的に「ゲームをするためのオーディオ」だ。ゲームをするためだけに数千円〜数万円のイヤホンを買うには抵抗があるだろう。

「SE215 Special Edition」はそもそも音楽を聴くために開発されたイヤホンであり、しかもモニターイヤホンとしても非常に高い評価を誇っているイヤホンだ。

普段の音楽鑑賞用として利用しながら、ゲームとしても使える。リケーブルすればワイヤレスにも対応可能。

これ1本あれば他のイヤホン・ヘッドホンは不要というのはありがたい。

理由⑦:価格と性能のバランスが良い

「SE215 Special Edition」は、Amazon価格で11,800円。決して安くはないが、高いわけでもない。手を出しやすい価格なのも嬉しい点だ。

イヤホンに1万円以上掛けるのには抵抗があるかもしれない。

しかし「良いイヤホン/ヘッドホン」を手に入れようとしたら、2万円、3万円を超える値段のものも視野に入れなければならない。

かといって、1万円を下回る価格で「良いイヤホン/ヘッドホン」に出会うのは非常に難しいのが現状だ。

個人的には、無名の安い中国製の製品はオススメできない。「安物買いの銭失い」とはよく言ったもので、満足できる製品に出会うまでに、2〜3回書い直すハメになったという話も珍しくないのだ。

「SE215 Special Edition」は、実績は折り紙付きだ。

古くからあるモデルで、メーカーも信頼のSHURE社だ。音楽鑑賞用としてもゲーミング用としても評価が高い。

絶対に安心して支払える1万円と思えば、決して高い買い物ではないと私は考えている。

安く手に入れたいなら中古品も要検討

「昔からある名機」というのは、つまり「中古品の出回りも多い」ということだ。

人気の定番モデルなので値崩れはあまりしていないが、いい出会いに巡り会えれば7千円弱で買うことも不可能ではない。

中古品を使うことに抵抗がない人は、Amazon、楽天市場、メルカリなどの中古市場もチェックしてみると良いだろう。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-09_ガジェット
-, , , ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.