モノ・ガジェット

iPhone本来のフォルムを最大限に活かせるバンパーケースの素晴らしさを伝えたい

iphone-bumper-case

iPhoneは、なるべくなら裸で使いたい私です。しかし「もし落としたら…」という落下への不安と恐怖から、ケースを着けずにはいられないというのが現状。

しかし最近思ったのです。iPhoneを全面カバーする必要はないのではないかと。

iPhoneは、落としたときのほとんどのケースで、側面を下にして落下します。
ディスプレイが直接なにかに接触して割れることは少なく、側面から受けた衝撃でヒビが入ることのほうが多いでしょう。

したがって、守るべきはiPhoneの側面。全体を覆い隠す必要はなく、側面さえ守れていれば、十分な守備力となります。

そこで活躍するのが、iPhoneの側面のみをカバーする「バンパー」ケース。前面・背面はネイキッドな状態になるので、iPhone本来のスリムでスマートなフォルムを損ないません。

バンパーケースでiPhone本来のフォルムを堪能する

「バンパー」と呼ばれるタイプのケースは、種類は少ないですが、いまでも根強い人気があります。私が今回買ったバンパーケースは、こちらの商品。

航空アルミニウム素材とシリコン素材の混合。外側は硬いアルミでガードしつつ、iPhoneとの接点には柔らかいシリコン素材を使っており、iPhoneを傷つけず、衝撃を吸収してくれます。

iphone-bumper-case_1
iphone-bumper-case_2

着脱はシンプルで、iPhoneにグッと押し込むだけ。アルミ製の製品だとネジや工具が必要なものも少なくありませんが、この商品はそういう面倒さがないのが良いですね。

iphone-bumper-case_10
iphone-bumper-case_3

ケースの厚みがわずか 7.5mm 。iPhoneに装着しても厚みが出ず、元来の薄さそのまま。持ったときの気持ちよさが、普通のケースとは段違いです。

iphone-bumper-case_4
iphone-bumper-case_5

守るところは守る。背面の四隅には 1mm の突起があり、iPhoneのレンズが接地しないように配慮されています。前面も同様で、ほんの僅かの出っ張りがあり、ディスプレイが傷つかないようになっています。

iphone-bumper-case_6

側面のボタンや Lightning ケーブルの差し口へのアクセスも問題なし。ケースの上部にはストラップを通すための穴が空いています。

iphone-bumper-case_7
iphone-bumper-case_8

ポッドキャストで配信中!

Podcast「Webとアプリとガジェットで暮れる」を平日毎日更新中!Webディレクターでメディアライターな私から、明日がちょっと楽しくなる情報をお届けするデジタルライフ番組です。
ちょっとした作業のBGMにいかがでしょうか!よろしければフォローお願いします。

バンパータイプの利点

バンパータイプは前面・背面がカバーされず、側面だけが保護されるケース。そのため安全性に不安に感じる方も多いかもしれません。

しかし、だからこそのメリットも多いので、ぜひバンパーケースの魅力を感じてもらいたいのです。

iPhone本来のフォルムを活かせる

まずひとつは、上述した通り、iPhoneのフォルムを損なわず、本来のデザインを極力活かせる点にあります。

iPhoneは、そのものが完成されたプロダクト。ヘタな装飾を着けず、そのまま使うことこそがベストです。

しかし万が一へのリスク対応はしたい。「安全性」と「美しさ」の両方を取れるのが、バンパーの最大の魅力です。

Magsafeに対応できる

iPhone の背面に埋め込まれているワイヤレス充電可能な磁石「Magsafe」。ワイヤレス充電に不可欠な機能ですが、背面をケースで覆ってしまうと、使うことができません。

バンパータイプなら、背面はむき出しになりますので、Magsafe に対応可能。充電だけでなく、こういった Magsafe 対応の落下防止リングも装着できます。

iphone-bumper-case_9

熱がこもらない

最後に、熱がこもらないのも大きな魅力。

iPhoneを覆うタイプのケースは、iPhoneから発せられる熱を逃す場所が少なく、熱がこもりがち。高画質なゲームなどをしていると、すぐに熱くなってしまいます。

バンパータイプは背面が露出していますので、熱がこもらず、常に発散された状態になります。夏の暑い日でも、iPhone 本来のパフォーマンスを発揮しやすいのです。

あとがき

私はバンパータイプが大好き。昔から、iPhoneを新機種に変えるたびにバンパータイプのケースを着けてきました。

それでも私は、過去に一度も、iPhone が故障するほどのダメージは受けたことがありません。見た目より意外と頑丈で、しっかり守ってくれますよ。

ちなみにクラウドファンディングである「MAKUAKE」では、iPhoneの側面ではなく、四隅のみを保護するケースもあったりします。もうほぼネイキッドな状態で使える優れもの。めちゃくちゃ気になっています。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-モノ・ガジェット
-, , ,

© 2022 あなたのスイッチを押すブログ