モノ・ガジェット

HHKBがなぜ充電ではなく乾電池を使うのか?その理由に納得しかない

hhkb-battery-denchi-naze

HHKB HYBRID Type-Sを手にした人は皆、同じ疑問をもつ。「なぜ最新のモデルなのに、リチウムイオンを使った充電式ではなく、古くからある乾電池の使用になっているんだろう」と。

たしかにこれは不思議だ。生産コストを下げるため?技術的な課題があったから?あるいは、最近の潮流をあえて無視して、古い文化を重んじることで、ユーザーの心を掴むためだろうか。

いやいや。実はこれには、HHKBの信念に基づいた確固たる理由があったのだ。

HHKBのコンセプトはカウボーイにとっての「鞍」である

アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと、馬はそこに残していくが、
どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。

馬は消耗品であり、
鞍は自分の体に馴染んだインターフェースだからだ。

いまやパソコンは消耗品であり、
キーボードは大切な、
生涯使えるインターフェースであることを
忘れてはいけない。

引用:Happy Hacking Keyboard | PFU

これが、HHKBがユーザーに伝えたい信念であり、商品にかける想いだ。

パソコンは、古くなれば買い替えてしまう。生涯をとおして同じマシンを使いつづけることは、不可能に近い。

バッテリーがヘタってしまったり、スペックが今の業務に追いつけなくなったり、故障したり……。さまざまな理由で手を離れていってしまう。

したがって、パソコンへのこだわりを持ちつづけることに、あまり大きな意味はない。消耗品であり、繋ぎつづけていくものだからだ。

しかしキーボードは違う。

自分の "体の一部" となって、自分の身が朽ち果てるその日まで共に歩けるもの。「こいつとなら、生涯をとおして一緒にいられる」と、そう思えるものに出会う必要があるガジェットだ。

なかには「消耗品」であるキーボードもあるだろう。ぼくも過去にはサヨナラを告げたキーボードがいくつもある。

だがコイツだけは違う。あなたの生涯に寄りそうことができるキーボード。それを目指したのが「Happy Hacking Keyboard」なのだ。

 

【ほぼ日刊】ガジェットへの想いを語るだけ

Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラムにて、ぼくの持っているガジェットについてあれこれ語る記事を公開中!いわゆる "レビュー記事" とは違った、ぼくの道具にかける想いをただただ自分勝手に語ります。ほぼ日刊更新中。

ヘタらないリチウムイオンバッテリーは無い

生涯をともにするということは、30年でも40年でも、動きつづける必要がある、ということだ。それを考慮したときに、リチウムイオンバッテリーは適さない。

iPhoneなどのスマートフォンを思い浮かべてみよう。これらはリチウムイオンバッテリーを採用している代表的なガジェットだが、定期的に買い換える必要があるものだ。

買い換える理由は人それぞれ。画面が割れた。故障した。スペックが追いつかなくなった。いろいろある。

しかし、その理由のなかでもっとも多いのが「バッテリー消耗が激しくなったから」だ。

「バッテリーの消耗が激しくなった」と表現しているが、正しくは「蓄電できるバッテリーの上限がどんどん減ってきた」だ。

リチウムイオンバッテリーはその性質上、蓄電と放電を繰り返すことで、徐々に蓄電できる容量が減ってきてしまう。「さっき充電したばっかりなのに、もう30%しか残ってないよ」となる理由は、このためだ。

iPhoneで10年使いつづけている人は稀だろう。そこに至るまでに、おそらく生活に支障が出るぐらい、バッテリーがヘタってしまう。

では「生涯つかいつづける道具」の、バッテリー問題を解決するためには、どうしたらいいか。

答えは簡単だ。バッテリーを取り替えられるようにすれば良い。
だからHHKBは、頑なに乾電池による給電方式を守っているのだ。

「電池」という存在が世の中から消え去らない限り、HHKBを動かしつづけることができる。もしかしたら、自分の一生だけでなく、娘の人生にとっても役立つガジェットになるかもしれない。

そんな可能性を秘めた、すばらしい思想が、HHKBには根付いていたのだ。

あとがき

この理由を知ったとき「なるほどなぁ」と納得せざるを得なかった。

時計みたいなものだね。ロレックスやロンジンなど、古くからのアナログ時計は、親から息子、そして孫へと引き継いでいくことができる。

しかしスマートウォッチは、そういうわけにはいかない。あくまで自分のためのガジェットであって、消耗品であり、一生を添い遂げることはできない。

なるほど。だからぼくは、アナログ時計が好きなのか。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-モノ・ガジェット
-, ,

© 2022 あなたのスイッチを押すブログ