iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

30年目の新発見!風呂あがりはバスタオルよりフェイスタオルの方がいいんだね

この記事のURLとタイトルをコピーする

30年間、風呂あがりにはバスタオルで体を拭くものだと思っていました。

実家ではずっとそうしてきましたし、「バスタオル」って呼ばれるぐらいだから、そうあることが当然だと思っていたのです。

思い込みって怖いですね。決めつけってよくないですね。

別に、フェイスタオルで事は十分足りるじゃないですか。そんなことに気がついた30歳のある日。

Towel bath or face

バスタオルである必要性が全然ない

風呂から上がって、体の水分を拭き取る。この目的を達成するための道具が、バスタオルである必要はそもそもなかったんですね。

髪と体の水分をくまなく拭きとったとしても、バスタオルにはまだまだ乾いた部分が残ります。それはつまり、オーバースペックだということ。

そこで試しにフェイスタオルで体を拭いてみます。

すると、それでもタオルの乾きには余裕がありました。当然フェイスタオルの方が全体的に強く湿った感じになりますが、だからといって体に水分が残ってしまうことはありませんでした。

ちなみに私の身長は173cmで体重は60kg。髪の毛の長さはショート〜ミディアムといった具合です。

この体格でもフェイスタオルで拭き残しなくいられるのですから、世の中の大概の人はフェイスタオルで用は足りることでしょう。

むしろフェイスタオルの方がメリットが多い

むしろフェイスタオルを使う方がメリットが多いように感じます。

まず、かさばらない。バスタオルとフェイスタオルでは引き出しの占有率が段違いです。家にあるバスタオルをすべてフェイスタオルに替えたら、どれだけ引き出しに余裕が生まれるでしょうね。

次に洗濯。水をたっぷり吸ってしまうバスタオルは洗濯が大変。干すのも大変。それに比べてフェイスタオルはコンパクトですから、洗濯にかかる手間も少なくて済みます。

そして最後に、バスタオルを用意しなくていい点。つまり、フェイスタオルの使い道っていっぱいあるんです。それこそ顔を洗った後にも使えますし、洗面所の手拭きとしても使えます。

バスタオルはそうはいきません。バスタオルには風呂あがりの体拭き以外の役割が与えられません。悲しきかな他の使い道がないのです。

したがって、とりあえずフェイスタオルを多めに買っておきさえすれば、家のタオル事情が救われるということなのですよ。

バスタオルの方がいい場合もある

バスタオルの方がいい場合もあります。

例えば冬場。風呂あがりで温まっているとはいえ、裸のままでいる時間は寒くて仕方ありません。そういうときには、体を覆ってくれる大きなバスタオルに助けられますね。

あと、小さい子どもがいる家でもバスタオルは重宝します。体が冷えやすい子どもの風呂あがりには、むしろ大きなバスタオルの方が楽。体を覆いながら水分をササッと取れますからね。

なので「バスタオルに存在価値などないのだ!」などと言うつもりはありません。必要なときもありますから、少しは家に置いておくといいでしょう。

フェイスタオルで心配ならスポーツタオルもいいぞ

フェイスタオルでは大きさに不安が残る。そんな人にはスポーツタオルがオススメです。

スポーツタオルは、フェイスタオルとバスタオルのちょうど間の大きさになります。フェイスタオルより一回りか、物によっては二回りぐらい大きいかな。

 

なんにせよ、まずは「バスタオルでなくてはならない!」という先入観を捨て去ることが大切だったんですね!30歳にして、こんなことに気付かされるとは思いませんでした。

日常生活の中には、まだまだこうした「先入観に縛られた無駄や非効率」が隠されているのかもしれません。

あとがき

「——ってことで、これからはバスタオルじゃなくてフェイスタオルを使おうと思う!」

ってことを妻に自慢気に話したら、「あっそっ。わかった。私は前からそうしてたけどね。娘をくるっと包めるから最近はバスタオルのほうをよく使うけど、1人のときはよくそうしてたよ」って言われて、( ̄・ω・ ̄) こんな顔になりました。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です