iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

ポケモンGOを土日プレイした結果、30歳妻子持ち男は楽しめないと悟った

この記事のURLとタイトルをコピーする

ポケモンGOがリリースされて早3日が過ぎました。リリースされる前からかなり楽しみにしていたので、今回のリリースは本当に嬉しかったのです。

「絶対にハマる!やり過ぎに気をつけないとなー」なんて考えていたのですが——。

実際にやってみてわかったのは、30歳の妻子持ち男子にはそもそもプレイしている時間がなく、加えてゲームとしての楽しさも50%程度しか味わえないのだという事実です。

今日はそんな私のポケモンGOを3日間やってみての感想を少しお話しします。

pokemongo-akita-reason

ゲームをしてる時間が取れなかった

私はブロガーであると同時にサラリーマン。平日は普通に会社勤めをしています。

なので、平日の外出といえば通勤の行き帰りと、クライアントへの打合せぐらい。位置情報をベースとして遊ぶポケモンGOが楽しいのは、基本的にこのタイミングぐらい。帰宅後は遊べませんからね。

平日はそんな感じで、時間がかなり限られます。

じゃあ休日に楽しめるかというと、そんなことはありませんでした。

例えば今週の土曜は、妻と娘と渋谷にあるNHKホールに遊びに出ていました。かなりアクティブな街である渋谷ですので、ポケモンGOを楽しむにはうってつけのロケーションです。

でも、iPhoneを開いてポケモンを探して、見つけたポケモンをボールでキャッチするなんて、そんなことをする余裕なんてありません。まぁ薄々わかっていたことなのですが。

そもそも小さい子どもと一緒にいるのに目を離す隙はありませんし、家族との外出でゲームに興じていられるわけもなく。

日曜は妻の仕事の手伝いで、これまた外出。電車を乗り継いで一時間ほどの場所で、移動距離を長く取れるのはポケモンGOにとって最高のシチュエーションです。

でもやっぱり、そんなに時間を取れません。なんとなくアプリを起動したままにして、バイブが鳴ったらポケモンを捕まえる。そんな感じで過ごしてみましたが、捕まえられるポケモンの数なんて、たかが知れています。

 

普段からゲームはやります。ですが、普通のゲームは娘が寝静まった夜にやることがほとんど。オンタイムでは遊ばず、夜中にこっそり集中してやることが多いのです。これができないのがポケモンGOの痛いところ。

それでも、わずかな時間の積み重ねで楽しめるゲームなら長く遊んでいられるんでしょうけれど——。ポケモンGOではそうもいかないようです。

やるなら強くなりたいのに——

せっかくやるなら強いポケモンを育てたい!誰にも負けない強いプレイヤーになりたい!そう思うのは自然なことでしょう。

しかしそれは叶わない夢なのです。

ポケモンGOでポケモンを育てるには、「ほしのすな」と「アメ」が必要。しかしそれらを手に入れるためには、移動が必須です。特にアメなんて、同種類のポケモンを捕獲する必要がある。レア度の高いポケモンを強くしたいと思ったら、かなりの努力が必要になるんじゃないでしょうか。

事実が仮に違ったとしても、この3日間でほとんどポケモンを強化できなかった私には、かなり難しい作業になりそうです。

加えてポケモンには個体値があるので、元が強いポケモンじゃないと育成しても強くなれません。元が強いポケモンを手に入れるだけでも、かなりの時間をかける必要がありそうです。

ジムを守れるような人はポケモンを厳選してるでしょうし、育成にも手を抜かない。今はまだ少ないかもしれませんが、ガチ勢とエンジョイ勢の戦闘力格差は今後も急激に開いていくと思われます。

 

「いや、ポケモンGOの目的は強くなることだけじゃない!ポケモンを集めること自体をのんびり楽しんだらいいんだ!」

そう思ったのですが、これもかなり難しそう。少なくともこの3日間でそう感じました。

やるならコレクションしたいのに——

ポケモンGOを普段やるってことは、普段の生活圏内の中で遊ぶってことです。外出先なんてだいたい決まっているし、いつでもポケモンを探しに遠出ができるわけでもありません。

そこで残念なのは、自分の生活圏内で出会えるポケモンは大体決まってるみたい。この3日間で、何度「ドードー」「コラッタ」「ポッポ」に出会ったことか。

Pokemongo akita reason 01

出会うポケモンはいっつも同じとか、モチベーションが全然上がりません。片手間にプレイしていても、満足いくほどのポケモンなんて捕まえられません。

出現するキャラが今後増えたら、捕まえられるポケモンの種類は増えるかもしれません。でも、キャラが増えれば増えるほど、ポケモン図鑑を埋めるのは今より困難になるでしょうね。

片手間でのんびりやっていても、すべてが中途半端な結果になってしまうだけで、なんの満足も得られそうにありません。

何を目的にやっていいのかわからない

ポケモンGOのゴールは大きく2つあると思っています。「育成(とバトル)」か「コレクション」の2つです。

ですが、生活リズムや移動エリアに変化がないような私にとって、どちらにおいても十分な成果を上げられる気がしません。

もう少し様子を見ながらのんびりやろうと思いますが、既にちょっと飽きムードが漂っている私。何をやるにしても時間と労力が限られるポケモンGOを、今後もずーっと続けていける自信がありません。

それだったら夜の自分の時間でのんびり遊べるゲーム、例えば「シャドーバース」や「などを自分のペースで楽しんだほうが、よっぽと楽しめそうです。

シャドウバース (Shadowverse)

シャドウバース (Shadowverse)

Cygames, Inc.ゲーム, カード無料(掲載時点)詳細・ダウンロード
クリプト・オブ・ネクロダンサー

クリプト・オブ・ネクロダンサー

Spike-Chunsoft CO, LTD.ゲーム, ミュージック, アクション, ミュージック¥600(掲載時点)詳細・ダウンロード
この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする
    Comment (1)
    1. mm より:

      タマゴからはなんでも出てくるから楽しいですよ
      アプリ起動してないと距離カウントしてくれないせいで電池がすごい勢いで減っていきますけど

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です