iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

交通弱者が事故に巻き込まれないためにできる4つのこと

この記事のURLとタイトルをコピーする
kotsujiko-kaihi

池袋の交通事故に端を発して、最近は痛ましい交通事故のニュースが頻繁に流れてくる。

ぼくには4歳の娘と妻がいる。ぼくが仕事に行っている間、もし彼女らに何かあったら——。そう考えただけで、冷えた手で心臓を撫でられる思いだ。

こうした交通事故の何がツラいかといえば、歩行者などの交通弱者が、為す術なく、一方的に被害を受けなくてはならない点だ。

横断歩道をどんなに気をつけて渡ったとしても、時速100kmの鉄の塊が突っ込んでくるとは想像もできないし、それを瞬時に回避する術もぼくらは持ち合わせていない。

じゃあぼくらは本当に、為す術なく、ただただ運に身を任せて、「今日も一日交通事故にあいませんように」と願いながら、怯えながら町を歩かなくてはならないのだろうか。

半分はそうだろう。しかしほんの少しぐらいは、ちょっとの心がけで回避できる事故もあるのではないだろうか

そんな話を妻としていて、ぼくらができる精一杯の「事故に合わないためにできること」を考えてみた

1. 交通ルールを知る・守る

まず一番最初に大事なのは、自分自身が交通ルールをキチンと把握して、それを守ることだ。当然のことのように思えるが、実はこれができていなかったりする。

そもそも交通ルールを知らないってことも珍しくない。

妻は運転免許証を持っておらず、当然自動車の講習を受けたことがない。そのため、車道のルールや標識などの中には知らないことも多々あるのだ。

たとえば以下のようなケース。信号のない交差点で歩行者が待機していた場合、自動車は必ず止まらなければならないと、あなたは知っていただろうか。

kotsujiko-kaihi_1

車の免許を持っている人なら、当然知っているはずだ。というのも、この歩行者を無視して交差点に進入すれば、それだけで試験に一発で不合格になるからだ。

しかし免許をもたないほとんどの人は、この事実を知らない

ルールを守るためには、まず自分がルールを正しく理解する必要がある。ルールを知らないければ、自分がルールを破っていることすら気づけない。

教習を受ける必要はない。ただ、日常のなかで疑問に思ったことは、ぜひ積極的に調べてみる癖をつけよう。一方通行や進入禁止、一時停止などの自動車のルールも、知っておくだけで役に立つだろう。

2. 守らないやつがいると認識する

先ほどの「信号のない横断歩道での歩行者優先」のルール。知らない人が多いのも問題だが、そもそもなんで知らない人が多いのか。

それは大勢のドライバーがこのルールを守らないからだ。最悪な状況である。

あなたも過去に、横断歩道で立ち止まり、車が来なくなるまで立ち往生するシーンに出会ったことがあるだろう。これは本来、あってはいけない光景なのだ。

しかし、バカ正直にルールを守って「歩行者優先なんだから」と意地を張って、無理やり横断歩道を渡ってはいけない車は止まってはくれないのだ。

あなたが100%正しい。それは間違いない。しかし「事故にあわないため」には、意地を張ったらダメなのだ。

ルールは守るべきものだ。しかし守らないヤツがいるってことも、必ず認識しておかなくてはいけない

正しく生きている人間が気を使わなければならないなんて、おかしな話ではあると思う。しかし、正しさを貫くことよりも、事故に巻き込まれないことの方が大切だ。

3. 「ありえない」なんて事はありえないと考える

ときに想像を絶するような事態が、世の中には起こり得るのだと、常々あたまでイメージしておくことが大切だ。

青になった横断歩道。渡ろうとしたら、右から突然、車道の合間を縫ってきた自転車が突っ込んでくる。危ない!と思った瞬間に、その自転車は90度旋回し、歩行者用の青信号を渡っていく。

kotsujiko-kaihi_2

こんなシーンも、みんな過去に一度ぐらいは遭遇したことがあるだろう。

世の中、本当に奇想天外・奇妙キテレツなできごとが起こるものだ。あるときはルールを守らない暴徒が意図的に起こすものかもしれないし、あるときは偶然の積み重ねによって起こるかもしれない。

そういう可能性を、ほんの少しでも頭のなかでイメージして、常に「かもしれない」と考えることが大切だ。

100回渡って大丈夫だった交差点も、101回目では自転車が飛び出してくるかもしれない。

4. 焦らずゆっくり、余裕を持つ

事を急いて、良いことはない。常にゆったり、余裕を持ち続けることが大切だ。

青になったらすぐに渡り始めるのではなく、丁寧なぐらい左右を見渡す。左折を急いでくる車に巻き込まれることがありえるので、横断歩道をすぐに渡り始めるのは本当におすすめしない

点滅している信号に駆け込むのも、もうやめよう。同じことを考えている自転車が猛スピードで突っ込んでくるかもしれない。あるいは歩行者に突き飛ばされるかも。

常に心にゆとりを持ち続けること。そのためには、予定された時間に十分間に合うように家を出よう。常日頃から時間にゆとりを持って生活することが大切だ。

執筆後記

みんながみんな、交通ルールをしっかりと守って生きていければ、こんな悲劇は起こらないのかもしれない。交通事故なんてない世の中が来ることを、心の底から願っている。

けれども、ルールを守らない輩は、必ず一定数いるのだ。頭でっかちになってはいけない。「ルールを守っている自分が絶対正しい」と勘違いしてはいけないのだ。

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする