iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

[Keynote] 発表者ディスプレイの編集と発表者ノートを最大化する方法

この記事のURLとタイトルをコピーする

Keynoteでプレゼンをする際に、欠かせないのが「発表者ディスプレイ」。プレゼンをしながら、スライドのメモや経過時間等を確認できる超便利機能です。

ただ、Keynoteが新しくなって、この「発表者ディスプレイ」の編集画面が非常に分かりにくくなってしまいました。

そこで今回は、その「発表者ディスプレイ」の編集方法をご紹介します。

発表者ディスプレイのカスタマイズと発表者ノートを最大化する方法

「発表者ディスプレイ」とは?をカンタンに

発表者ディスプレイとは、プレゼンター用の画面の事です。

Keynoteでは、プロジェクターに映し出す画面と、プレゼン発表者が閲覧する画面を分けることができ、スライドのメモや経過時間、タイマーなどを閲覧しながらプレゼンができます。

発表者画面を編集する方法

では、本題である発表者ディスプレイの編集方法をご紹介します。

Keynoteの画面から、Macのメニューバーにある「再生」を選択。その中にある「スライドショーをリハーサル」を選びます。
Keynote 発表者ディスプレイのカスタマイズと発表者ノートを最大化する方法 1

これが発表者ディスプレイです。この画面に表示したい項目を、右上の真ん中のアイコンから選択できます。
Keynote 発表者ディスプレイのカスタマイズと発表者ノートを最大化する方法 2

プレゼンをしている時に使えるショートカットの一覧は、左側の「?」アイコンから。これによって、素早いスライド操作が可能です。
Keynote 発表者ディスプレイのカスタマイズと発表者ノートを最大化する方法 3

編集画面を終わる時は、「esc」キー、もしくは一番右上の「×」アイコンを押せばOK。前の作成画面に戻れます。

発表者ノートを一番大きく表示するには

新しいKeynoteになって一番残念だったのは、発表者ディスプレイのレイアウトを自分好みにカスタマイズできなくなった事です。昔はスライドの大きさや発表者ノートの大きさを自由に決められたのですが……。

それにより、発表者ディスプレイで最も多くの人が使うであろう「発表者ノート」の表示領域が非常に小さくなってしまいました。これでは、メモが2〜3行しか見えなくて不便です。

これを解決し、発表者ノートを最大限大きく見るには、スライドの表示を無くす他に現段階で解決法はありません。
Keynote 発表者ディスプレイのカスタマイズと発表者ノートを最大化する方法 4

若干場当たり的な対応ですが、表示されているスライドはプロジェクターに投影されたものを閲覧することで解決するしかなさそうです。

あとがき

カスタマイズできなくなったのが本当に痛いんですよねぇ。発表者ノートを大きく表示できないのが正直しんどいですが、今は我慢しています。今後のアップデートで改善されないかなぁと願うばかりです。

それでは、今日はこのあたりで。

Keynote Keynote
価格: ¥2,000
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

アプリをダウンロードする

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする