02_アプリの使い方・活用方法 13_Keynote

[Keynote] スライドのサイズを変更する方法。縦長も作れます

一般的なプレゼンのスライドを作成するなら、横長の4:3サイズでOKです。

でも、Keynoteの使い方はそれだけではありません。カンタンな画像を作成したり、もしくは縦長のスライドを作成したい場面も出てくるでしょう。

そんな時に役立つスライドサイズを調整方法を、今回はご紹介します。

Keynote スライドのサイズを変更する方法 縦長も作れます

Keynoteのスライドサイズを自分好みに設定

Keynoteでスライド作成画面を開いたら、右上の「設定」を選択します。するとその中に「スライドのサイズ」という項目があるかと思います。
Keynote スライドのサイズを変更する方法 縦長も作れます 1

スライドのサイズで「カスタムのスライドサイズ」を選択します。するとタテヨコのスライドサイズを入力する画面が出てくるので、好きなサイズに調整します。
Keynote スライドのサイズを変更する方法 縦長も作れます 2

通常と同じサイズで縦長のスライドを作成したい場合は、「幅:768pt|高さ:1024」に設定しましょう。
Keynote スライドのサイズを変更する方法 縦長も作れます 3

ちなみに、サイズの限界値は「4000pt×4000pt」のようで、それ以上のサイズは作成できないようです。

あとがき

私は仕事柄、ワイヤーフレーム(ウェブページの骨組み)を設計することが多々あります。その際に利用しているのがKeynote。

縦長のスライドを作成しては、そこに図形やテキストを当て込んでワイヤーを作成します。画像やPDFをドラッグ&ドロップで挿入できて、そこにコメントを添えることもできるので便利なんです。

それでは、今日はこのあたりで。

Keynote Keynote
価格: ¥2,000
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

アプリをダウンロードする

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-02_アプリの使い方・活用方法, 13_Keynote
-, , ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.