iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

職場でこっそりSNS!TwitterとFacebookをカモフラージュするウェブサイトの迷彩度がハンパない

この記事のURLとタイトルをコピーする

ビジネスマンと言えども、にんげんだもの。ちょっとの息抜きぐらい必要ですよね。

そんな言い訳をしながらも、やはりどこか後ろめたさがあるから、堂々とSNSの画面を開けない臆病者は私です。

職場の人に内緒で、こそっとSNSをやりたい。そんな時に役立つちょっと面白いウェブサービスがあるのでご紹介しましょう。

Twitter版カモフラージュ「BossKitter」と、Facebook版カモフラージュ「HardlyWork.in」です。

職場でこっそりSNS TwitterとFacebookをカモフラージュするウェブサイトの迷彩度がハンパない

隠れてこっそりTwitter「BossKitter」

ウェブサービス「BossKitter」。日本語で「ボスきた!」です。ネーミングから漂う不真面目感がいいですね。

入って頂いたら分かったかと思います。これ、Googleの検索画面にひじょ〜によく似てるんです。パッと見では判断がつかないほど酷似しています。

会社でこっそりTwitter BossKitter 1

ログインをすると一瞬Googleの検索結果画面かと勘違いしてしまうほど。でもこれ、Twitterのタイムラインなんです。左上のロゴも「Googol」となっていますしね。

会社でこっそりTwitter BossKitter 2

ページタイトル部分がTwitterのアカウント名で、Description部分がツイートの内容になっています。普段はカモフラージュのためにアイコンは非表示ですが、マウスオーバーをするとアカウントアイコンが表示される徹底ぶり。

会社でこっそりTwitter BossKitter 3

ホームフィードだけでなく、リプライやリスト、メッセージの管理も出来てしまいます。製作者は果たして真面目なんだか不真面目なんだか分からなくなります。ツイートをしたい時は、Googleで検索をするように、ページトップの検索窓から行います。

会社でこっそりTwitter BossKitter 4

遠巻きにみたら絶対に分からない。これさえあれば、背後の気配に気を張らずにTwitterを楽しむことができますね!

隠れてこっそりFacebook「HardlyWork.in」

Twitterの次はFacebook。会社の中でも堂々とFacebookを楽しめてしまうのが、ウェブサービス「HardlyWork.in」です。

ログイン画面だけを見たら、先ほどの「BossKitter」より真面目そうな雰囲気です。が、ところどころに「スプレッドシート」の単語がチラつく。嫌な予感がします。

会社でこっそりFacebook HardlyWork in 1

Facebookのアカウントでログインをすると、嫌な予感がそのまま形になったようなデザインです。エクセルの画面そのまんまじゃないですか。

会社でこっそりFacebook HardlyWork in 2

もうどこで何ができるのか分からないレベルですが、そんな時のためにヘルプボタンが用意されています。

会社でこっそりFacebook HardlyWork in 3

デザインは3種類から選べる徹底ぶり。自分の作業環境に合わせて、エクセルのバージョンを変更できるんです。抜かりないやつです。

会社でこっそりFacebook HardlyWork in 4

各項目が英語になっていますが、そこは「いやー自分帰国子女なんで、こっちの方が読みやすいんですよ」等とミサワのように振る舞っておけば回避できます。

あとがき

どうでしょうか!会社で使えそうですか?ちょっとした息抜きのさい、人目を気にしてSNSをやりたくない時はいいんではないでしょうか。スマホでやれって気もしますが。

今回のウェブサービスを使って起こった問題については、当方一切関与できませんのであしからずっ!自己責任で、レッツエンジョイサラリーマン!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です