iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPhone 7は待望の防水仕様!どれだけの水に耐えられる?IP67規格ってなんだ?

この記事のURLとタイトルをコピーする

iPhone 7 / 7 Plus では待望の防水機能が実装されました!やったね!

ただ私にはわからないのです。一言で「防水」と言っても、実際にはどれぐらいの水に耐えられるれるものなのか。

Appleの公式サイトでは以下のように記載されています。

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。

防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません

via: iPhone 7 – 仕様 – Apple(日本)

どうやら「IP67等級に適合」されているようなのですが、果たしてこれはどの程度の防水機能なのでしょうか。

調べて納得!防水機能の基礎知識

防水機能について、国内においては「EC(国際電気標準会議)」および「JIS(日本工業規格)」に定められています。

そして異物の侵入に対する保護の等級(保護性能)を定めており、それを「IP ● ▲」と表現しています。

Iphone7 waterproof 01

iPhoneが定めるIP67等級とは

では iPhone 7 で規定されている「IP67等級」とは、どのような防水レベルなのでしょうか。こちらのページで表記されている保護等級に照らし合わせると、以下のようになります。

  • 第一特性「6」:耐塵形。粉塵が内部に侵入しない。
  • 第二特性「7」:水中への浸漬に対する保護。規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響をうけない。

こちらのサイトの言葉を借りれば、「一定時間、水中に浸漬しても浸水の恐れない防水性」とのこと。

そう考えると、結構な防水機能みたいですね。日常で使用する際に飛び散る水滴や雨などでは大丈夫そう。よくある「うっかり洗面器に落としてしまった」的な事故のときでも、無事に救出できるレベルのようです。

TAKIGENさんのサイトの図を見ると、防水仕様のレベルがもっとイメージしやすいと思います。

注意!水没は保証の対象外

しかし油断は禁物!

防水機能があるからといって、水などの液体による故障が保証の対象となるわけではありません。Appleは明確に記述していて、「液体による損傷は保証の対象になりません」としています。

「防水なのだから!」と調子に乗って、雨風の中やお風呂に持ち込むというのはあまりオススメできません。それが理由でiPhoneが故障したら、多額の修理費が発生してしまうのですから。

防水機能については過信せず、「水に強くなったんだ!」程度の認識にとどめておいたほうが無難そうです。

参考サイト

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です