iPhone ITツール

【iPhoneだけ仕事術】大量の写真を他人に送る簡単な方法【Dropbox編】

iphone-photo-share

iPhoneだけで仕事は完結できるのか?!をコンセプトに、普段やってる業務をiPhoneだけでやってみるシリーズ。

今回は「iPhoneで撮った大量の写真を、他の人に共有する方法」について。

1枚や2枚であれば、メールに添付して送ったり、LINEでパッと送れば済む話だろう。しかし10枚を超えるような大量の写真をそうやって送るのは得策ではない。特に送る相手が複数人だった場合は、結構面倒な作業になってしまうだろう。

そこで紹介するのは、Dropboxなどのオンラインストレージサービスを使った共有方法だ。最終的にはURLを相手に送るだけの、非常にシンプルな方法で完結する。

オンラインストレージを利用して大量の写真を共有する方法

今回は「Dropbox」というオンラインストレージサービスを利用した方法を紹介する。無料で利用できるサービスなので、だれでも簡単に実践できると思う。

Dropbox

無料
(2019.03.27時点)
posted with ポチレバ

オンラインストレージサービスには、他にも「Googleドライブ」「Box」などがある。無料で利用できるので、これらのサービスもおすすめだ。

それではiPhoneのDropboxアプリを利用して、実際に大量の写真を共有する方法をご紹介する。

Dropboxでの共有方法

1Dropboxアプリを開き、写真を入れるためのフォルダを選択する。フォルダがない場合は共有用のフォルダを新しく作ろう。フォルダを選択したら、下のメニューの「作成」を押して、共有する写真を選択しよう。

iphone-photo-share_1

2出てきたメニューから「写真をアップロード」を選択し、共有する写真を選ぶ。選び終えたら右上の「次へ」を選択。

iphone-photo-share_2

3写真をアップロードする選択し、右上のアップロードを押して完了。あとはアップロードが完了するのを待つ。

iphone-photo-share_3

4アップロードが終わったら、「共有」ボタンを押す。出てきたメニューから「リンクを共有」を選択する。

iphone-photo-share_4

5これで自動的に、共有用のURLがコピーされた。あとはこのURLを、共有したい相手の送ろう。出てきたメニューから選択してもいいし、LINEなどに貼り付けて送ってもいい。

iphone-photo-share_5

まとめ

今回はDropboxの使い方を紹介したが、基本的な仕組みや共有方法は、他のストレージサービスも同じだ。

基本的に「①写真を共有用のフォルダにアップロードして」「②そのフォルダの共有用URLを発行し」「③そのURLを相手に送る」といった流れだ。

Appleが提供しているiCloudドライブはちょっと仕様が複雑なので、個人的にはあまりおすすめできない。ぼくはBoxが一番好きかな。

それでは今日はこのあたりで。

iphone-dake-business

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-iPhone, ITツール
-, , , , ,

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ