01_基本と応用 02_iPhone 02_アプリの使い方・活用方法 02_キーボード拡張系 06_フリック・キーボード

iPhoneのPlus系ユーザーならこの「片手入力用キーボードアプリ」は絶対に使うべき

One hand keyboard

私はiPhone 7 Plusを愛用しています。画面が大きいことで便利だと感じる場面もありますが、逆に不便だと感じる場面があることも事実です。

例えばキーボード。普段私はフリック入力しか使いませんが、画面の横幅が大きいために、片手での操作が難しいのが難点です。

それでも、片手での操作が文字入力が必要な場面は多いもの。なので私にとって、片手でのフリック入力をサポートしてくれるこのアプリ「片手キーボードPRO」は絶対に必要なアプリのひとつなんです。

片手キーボードPRO

片手キーボードPRO

TAKAFUMI YAMAMOTOユーティリティ¥360(掲載時点)詳細・ダウンロード

One hand keyboard 2

見てわかる通り、このアプリを使えばキーボードを左右どちらか片側に寄せることができます。こうすれば片手での操作がしやすいですね。

ユーザーの使い心地をトコトンまで考えられていて、なおかつカスタマイズ性に優れたこのアプリ。一度試せば手放せなくなるほどの一品です。

片手でのフリックが格段に操作しやすくなるアプリ

このアプリをインストールすると、新しいキーボードがiPhoneに実装されます。その特徴は、キーボードの大きさを自分で焼成できるところにあります。

画面真ん中のアイコンをタップすると、自分でキーボードの大きさを調整できます。決められた大きさではなく、自分の使いやすい位置と大きさで調整できるのが最高に嬉しいです。

One hand keyboard

かゆいところに手が届く、そんな嬉しさがあります。

両手でフリックしたくなったら全画面に変更可能

片手でポチポチ入力したい時もあれば、逆に両手フリックでガシガシ入力していきたい場合もあるでしょう。

そんな時は「両手打ちサイズ」に切り替えられます。「片手打ちモード」と「両手打ちモード」をそれぞれ行ったり来たりするのは、造作もない作業なんです。

One hand keyboard

左手で打ちたくなったら左右をチェンジ

いつも右手で操作していたとしても、生活のある場面では左手によるフリック入力を余儀なくされるときもあるでしょう。

そんな時はキーボードの左端をタップ。それだけで、キーボードを左側に寄せることができてしまいます。

One hand keyboard

カーソル移動も片手でスラスラ

カーソル移動もこのアプリなら楽々!カーソル移動のためのボタンがあるんです。

タップすれば一文字ずつ左右に移動、タップしたまま指をスライドすればカーソルを一気に移動させることができます。

One hand keyboard

iPhoneの純正キーボードでも3D Touchに対応してカーソル移動が簡単になりましたけどね。このアプリなら3D Touchも関係なく簡単にカーソル移動できます。

自分だけのカスタマイズが可能

このアプリには設定項目が山ほどあります。自分の使いやすいように細かく設定をカスタマイズできるのも、このアプリの魅力のひとつです。

One hand keyboard 4


iPhone、特にPlus系のiPhoneには必須のアプリといっても過言ではないほどの便利アプリです。まだ使ったことない人は、ぜひ試してみてください!

片手キーボードPRO

片手キーボードPRO

TAKAFUMI YAMAMOTOユーティリティ¥360(掲載時点)詳細・ダウンロード

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_基本と応用, 02_iPhone, 02_アプリの使い方・活用方法, 02_キーボード拡張系, 06_フリック・キーボード
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.