iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPhoneのカメラはQRコードを読み取れる!実は専用アプリは不要だった

この記事のURLとタイトルをコピーする

iphone-camera-qrcode

iPhoneでQRコードを読み取るために、わざわざ専用アプリをインストールしていたりはしませんか?実は私も、つい先日まで以下のアプリを使っていました。

しかし実はiPhoneのデフォルトアプリでもQRコードを読み取ることはできるんです。しかも使い方は簡単で、ただカメラをかざすだけでいいんです。

【iOS11】iPhoneのカメラでQRコードが読み取れるように

iOS11 から、iPhoneのカメラでQRコードを読み取れるようになりました。まずご自身のiPhoneの設定が有効になっているか確認書ましょう。

1設定アプリを開き、カメラを選択します。

2「QRコードをスキャン」をオンにすれば完了。

iphone-camera-qrcode_1

使い方はカンタン!ただかざすだけ

設定さえ終わってしまえば、あとはカメラを起動するだけで使えます。

ボタンを押す必要も、シャッターを切る必要もありません。ただ「カメラの画面の中にQRコードを入れるだけ」でOKなんです。

iphone-camera-qrcode_2

QRコードを読み取ると、画面の上部に通知が届きます。

QRコードの飛び先がウェブページであればSafariのアイコンが、メールアドレスであればメールのアイコンが表示され、タップすると該当するアプリが開きます。

iphone-camera-qrcode_3

意外と便利なQRコードをもっと活用しよう!

QRコードは自分で作ることができます。たとえば以下のサイトでカンタンに作ることができますし、その種類も豊富です。

QRコードで作れるのはWebページへのリンクだけではありません。シンプルなテキストでもOKですし、メールアドレスでもOK。

アドレス帳に登録するプロフィールを読み取らせることもできますから、自分の名刺に自作のQRコードを入れておくのも良いでしょう。

それでは、今日はこのあたりで。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です