Mac

トラックボール型マウスで右クリック時は画面スクロールさせる設定

trackball-scroll-free

トラックボール型マウスの弱点は、画面のスクロールが意外と難しいってところです。

トラックパッドを使っているときは、画面スクロールに困ることはありませんでした。指二本でトラックパッドをなぞれば、画面内を縦横無尽に移動させることができます。

XDなどのクリエイティブツールを使っているときなどは本当に重宝する操作で、どんなにアートボードが多くなっても、目的の場所をすぐに見つけることができます。

この操作をトラックボール型マウスでも実施できるようにカスタマイズするのが、今回の記事の趣旨です。

trackball-scroll-free

右クリックを押しながらトラックボールを転がすと、マウスカーソルを置いた場所を中心として、縦横自由にスクロールできるようになります

この設定をすると、トラックボールの使い心地が信じられないぐらい向上するので、ぜひ設定してみてください。ちょっと難しいコードも出てきますが、基本的にはコピペで大丈夫です。

アプリ:Hammerspoonとは

今回の主役は「Hammerspoon 」というアプリ。OSの挙動を自動化するツールで、マウス操作やキーボード操作をいろいろとカスタマイズできます。

操作するにはコードを書いたりするので、なかなか私のような素人にはハードルが高いアプリだったりします。

しかしこの便利なご時世。わからないことはGoogle先生に聞けば大抵答えが返ってくるものなので、気になる方はいろいろと調べてみると面白いと思います。

今回の用途に限って言えば、インストールして手順通り設定すればいいだけですので、その本質を理解する必要はあまりないです。無料アプリですので、深く考えずにインストールしてみてください。

Hammerspoonのインストール方法

以下のリンクから、Hammerspoonの公式サイトにアクセス。左上の「Download」リンクをクリックします。

trackball-scroll-free_1

step

1

GitHubのページにサクセスしますので、「Hammerspoon.zip」ファイルをダウンロードします。必ず「Latest release(最新版)」をダウンロードしましょう。

trackball-scroll-free_2

step

2

ダウンロードしたzipファイルを解凍すると、「Hammerspoon.app」が入っていますので、これをアプリケーションフォルダに移動させて完了です。

trackball-scroll-free_3

step

3

右クリック中のトラックボールを画面スクロールに割り当てる方法

それでは最後に設定方法です。

Hammerspoon を起動したら、Macのメニューにあるアプリアイコンをクリック。出てきたメニューから「Open Config」をクリックします。

trackball-scroll-free_6

設定画面が開きますので、以下のコードをそのまま丸っとコピペします。

trackball-scroll-free_4

最後に、再度Macのメニューにあるアプリアイコンのメニューから「Reload Config」をクリックして完了です。

trackball-scroll-free_7

これで設定は完了。以降、Hummerspoonが立ち上がっている状態であれば、マウスの右クリックを押している間は、トラックボールを転がすと画面スクロールできます。

スクロールの挙動を逆にする方法

私はトラックパッドに慣れているので、ボールを上に転がしたときは画面が下に進んだほうが操作しやすいのですが、これは人によって慣れ親しんだ操作感があるでしょう。

そこで、スクロールしたときに画面が進む方向を調整する方法です。

先ほど記入したコードの37行目にある-dx-dyという記述をdxdxに変えればOK。

trackball-scroll-free_5

縦軸と横軸、それぞれどちらの方向に進めるかは、自分の好みに合わせて設定してみてください。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-Mac
-, , ,

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ