iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPad Airのある生活。ぶっちゃけ何に使ってる?って疑問にお答えします。

この記事のURLとタイトルをコピーする

タブレット端末の立ち位置って、非常に難しいですよね。実生活にどうやって取り入れようか悩まれる方も多いと思います。というか、「そもそも必要か?」って疑問もありますしね。

しかも、読書やネットサーフィンが主な役割だったら、KindleとかiPad miniの方がコンパクトでスゴく魅力的に感じると思います。そんな中で、iPad Airって……。

でも、私の使い方だとKindleでもNexus 7でもiPad miniでもダメなんです。iPad Airがベストアンサーで、これ以外の選択肢では代替できません。

では、私がの普段の生活の中で、実際どんな場面で活躍しているか、それを少しお話しします。

紙の代わりの手書きメモ

最近、紙のノートの出番が非常に減りました。iPadが来てからです。

iPadの大画面だからこそ、手書きのメモもストレスフリー。画面に手首を置いて、普通にガシガシ書いています。

初代iPadが出た当時は、こんな使い方はできないほど低スペックでした。ですが今では、高性能なスタイラスペンも格安で手に入りますし、アプリの性能も非常に高い。

それに、書いたメモを即Evernoteに送れたり、無限の色を使えたり、ノートの管理も紙より融通が効いたりと、紙には無い良さってのもあるんです。

紙は紙、ペンはペンでやっぱり捨てきれない場面も多いのですが、普段使いではiPadの出番が非常に多いのが現状です。



▼オススメのスタイラスペンはコチラ

iPadに使うスタイラスペンは「JotPro」が良い!手元が見えて細字が書ける | あなたのスイッチを押すブログ

▼オススメの手書きアプリはコチラ

iPadの手書きアプリで迷ったら「Noteshelf」が万能でオススメ。手首を置いて書けるしね | あなたのスイッチを押すブログ

▼こんな落書きをプラプラ書いてます。
IPad Airのある生活 用途って何 何に使ってる

読み物にもやっぱり活躍

私が常備しているガジェットはMacとiPhone。iPad miniなどのミニタブレットを持たない私には、大画面の手持ちガジェットiPad Airが読み物に大活躍です。

ブログを読んだりネットサーフィンしたり、はたまたKindle Storeで購入した本を電車の中で読んだり――。MacやiPhoneでは達成できない、手軽さと快適さを合わせ持ったデバイスですね。

もちろん、この用途だけを目的とするのであれば、私はiPad miniなどのミニタブレットをオススメします。iPad Airも良いんですが、読み物に特化するであれば、もっと軽くて手軽なデバイスの方が便利でしょう。

誰かと同じものを共有したい。そんな場面は意外と多い

タブレット端末が活躍する場面が何かと冷静に分析すると、それは「他人と共有する時」だと思うのです。これは私が商社の営業時代から感じていました。

パソコンって、二つ折りなんですよね。だから、同じ画面を他の人と一緒に見ながら作業ってやりにくいんです。

iPadならではの楽しさは、この共有にあると思っています。お客さんにカタログデータを見せたり、妻と一緒にAmazonで買い物してみたり。誰かと何かを一緒にするって場面では、こうしたタブレットが大活躍ですしますよ。

Cafe De Movie

私の密かな贅沢。「iTunesで映画を借りて、それを自宅で予めiPadに入れておき、カフェでコーヒーとタバコを嗜みながら映画を鑑賞すること」です。

これはですね、実際にやってみないと分からない贅沢ですよ。いやホント、毎週末の楽しみの一つと言っても過言ではないぐらい、私はこの時間が好きです。

家で映画を観るのもいいのですが、私はカフェって空間が大好きなんです。その大好きな空間で、お気に入りの映画を観られるなんて、ホント快適ですよ。

ちょっと出の外出にMacはお留守番

iPad Airがなかった頃は、どんなに些細な外出でもMacbook Airを持ち歩いていました。

軽い軽いと言われるMacBook Airですが、やっぱり1kg超を持ち歩くのって大変なんですよ。しかも、これを持ち歩くのに必要なバックって、限られてしまうんですよね。

それを解消できたのも、iPad Airのおかげ。ちょっと出の外出をするときは、MacBook Airはお留守番になり、代わりにiPad Airを持ち歩いています。

ブログや執筆など、文章を書く機会が多い私。でも、iPad Airぐらいの大画面なら、ちょっと長めの文章もサクサク打てます。ブラインドタッチでガツガツ文章打てます。

これは、iPad miniでは達成できないんですよね。iPad Airだから、Macの代わりとして持ち歩いても、安心していられるんです。

Macのサブディスプレイ

Macを使ってる時だって、iPad Airは活躍します。サブディスプレイとしてね。

無線で繋ぐので、確かに動作はちょっともたつきます。ゴリゴリ作業をするには、サブディスプレイとしては力不足かもしれません。これをメインの使い方にするなら、素直にディスプレイを買うことをオススメします。

ですが、何か資料を見ながらの作業ぐらいであれば、iPad Airのサブディスプレイ化でも充分役立ちます。ブログを書くときに、何か別のファイルを見ながら書くには非常に便利するんです。



▼iPadをサブディスプレイ化するなら、オススメのアプリがあります。

iPadをサブディスプレイとして使うならAir Display2が反応が良くてなかなか使える | あなたのスイッチを押すブログ

Air Display 2 Air Display 2
価格: ¥1,000
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする





私のiPad Airのある生活。こんな感じです。

正直、絶対絶対iPad Airは生活に必要だ!とは言えません。無ければ無いで、不便のない生活を送れる自信があります。と言うか、買う前がそうでした。

ですが、一度持ってしまうと、これ無しではいられない。そういう不思議な魅力を持ったデバイスが、iPad Airなんだと私は思います。

あとがき

最近iPadの記事ばっかり書いてます。それぐらい、私の生活の中で急速に馴染んだガジェットなんです。

持ってなかった時は何も感じませんでしたが、持ってしまうとコレ無しでは不便してしまう。はてはて、果たしてコレは良いことなのか迷ってしまいますね。

でも、私はやっぱりiPad Airがあって良かったと思うのでした。

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする