iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Evernote:複数のページにまたがる記事をひとつにまとめてクリップすると読み返しが楽になる

この記事のURLとタイトルをコピーする

複数のページにまたがって書かれた記事ってありますよね。AllAboutプレジデントオンラインなど、大手メディアに多い印象。

「面白い記事だなー」と思って読み進めて行ったら「続きはこちら」みたいなボタンがあって、次のページに誘導される。そんな記事です。

個人的にはあの手法って好きじゃないんですよ。ユーザー目線で言えば、一々ページを読み込まなくちゃいけないので、手間が増えちゃうんです。

また、Evernoteにウェブクリップするときにも困る。すべてのページ分だけウェブクリップするのもアホらしいと思いつつも、最初の1ページだけをクリップしても話が中途半端に終わるので気持ちが悪い……。

どうにか複数のページで構成された記事を、ひとつのウェブクリップの中に収める方法はないものかと考えて、出した答えがこの方法でした。

Evernote matomete clip 1

複数のページを1ページにしてしまうChrome拡張機能

世の中には同じことに悩む人がいるようでして。私のように「ひとつの記事が複数ページにまたがっている」という状態に不満を持つ方がいらっしゃるようです。

その不満を解消してくれるのがChrome拡張機能「AutoPagerize」。

この拡張機能をChromeにインストールしていると、複数ページにまたがって書かれた記事でも、次のページを先読みして表示してくれるんです。

例えば、AllAboutのこの記事。普通であればこのように「次のページヘ」というボタンが表示されます。

Evernote matomete clip 2

しかし「AutoPagerize」を有効化しておくと、2ページ目以降を先読み。記事の内容すべてをまとめて表示してくれます。

Evernote matomete clip 3

次のページを表示させてからEvernoteウェブクリッパー

このように、「AutoPagerize」を使用しておけば複数のページを1ページにまとめることができます。

その状態でEvernoteウェブクリッパーを使用すれば、ページを移動する必要もなく、その記事を丸っとまとめてEvernoteにクリップできてしまいます。

実際にクリップした記事を共有しておきますので、ご参考にどうぞ。

まとめ

複数ページにまたがって書かれている記事を、1回のウェブクリップで全てクリップする方法についての話でした。

Chromeの拡張機能「AuroPagerize」などの「複数のページをひとつにまとめてくれるツール」を使用し、その後にウェブクリッパーを使用しましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です