01_THETA 09_ガジェット

THETA S愛用者の必需品!絶対安全に携帯できるオススメのケースとストラップ

Theta case strap

全天球カメラ「THETA S」。とても楽しいカメラなのですが、レンズがむき出しになっているので、使うのに精神をすり減らしてしまいます。

落としてしまったら……どこかに擦りつけて傷つけてしまったら……カバンの中で何かにぶつかったら……。ただただ持ち歩くだけでも、気がかりが多いのです。

そこで私は、安心安全に持ち歩くためにケースとストラップを愛用しています。それがこちら。

Theta case strap 2

Theta case strap 1

腰にぶら下げられるケース「ABITAX Pocket LS」

まず1つ目に紹介するのは、THETA Sを入れておけるケース「ABITAX Pocket LS」です。

これ、RICOHが出している純正のケースではありません。むしろTHETA Sのために作られたケースでもないんです。

Theta case strap 3

でもサイズ感がめちゃくちゃピッタリ。このために作られたと言われても違和感がないほど、すっぽり収まるサイズなのです。

Theta case strap 4

フェルト生地なのでレンズを傷つけることがありません。また “滑り” も良いので、THETA Sの出し入れが非常にスムーズ。

Theta case strap 5

使いたいときに即座に取り出せるって、当たり前だけどとっても大切。「シャッター押したいけど、面倒くさい」と思い始めたらカメラは終わりです。

あと、腰にぶら下げるアジャスターが2種類付属するっていうのも嬉しい点。

「引っ掛けるタイプ」と「挟むタイプ」の2つが付いてきます。「引っ掛けるタイプ」だとズボンやベルトを傷つけてしまうので、私は「挟むタイプ」を愛用しています。

Theta case strap 6

腰にぶら下げて持ち歩き、撮影したいときにスッと取り出せる。THETA Sユーザーにとってはこれ以上無いぐらい使い勝手の良いケースとなっています。

落下防止用のストラップで完璧

THETA Sってとてもコンパクトで、誰でも簡単に使えるっていうところが魅力でもあります。

しかしコンパクトが故に、どっしり構えられないというか……。ちょっと気を抜くと手からツルンと滑り落ちてしまいそうな、そんなデザインをしているんです。

だから私はストラップつけています。手首に巻き付けておけるので、ふいに手から滑り落ちても、落下させる心配がありません。

Theta case strap 7

ストラップ自体はあまり特別なものではありません。三脚などに取り付けるネジ山に取り付けるタイプのストラップです。

Theta case strap 8

THETA Sを平らな場所に立てられなくなってしまうのですが、それは仕方ないと割り切っています。取り外しも簡単ですし、いざという時はササッと取り外しちゃいますから。

THETA Sユーザーなら是非!

以前はポーターのケースに入れて持ち歩いていたのですが、これはチャックが邪魔でしてね。

いちいちチャックを開けて取り出すって作業が面倒くさくて、THETA Sを外に持ち運ぶことをどんどん躊躇うようになってしまいました。

これらのケースとストラップを使い始めて、またTHETA熱が強くなってきたのを感じています。みなさんも、ぜひ試してみてください!

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_THETA, 09_ガジェット
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.