モノ・ガジェット

【レビュー】ハイブリッドプロ:最高の触り心地と抜群の耐衝撃性を兼ねたiPhoneケース

review-hybridpro

最近お気に入りで使っているiPhoneケースがある。CASEFINITEの「ハイブリッドプロ」だ。

iPhoneのフォルムを活かしたミニマムなデザインと、落下にも耐えられる耐衝撃性。そして何より、サラサラとした独特で極上の触り心地。

一度着けたら病みつきになって、他のケースを着ける理由がなくなってしまう。デザインと機能美が絶妙にハイブリッドした逸品となっている。

メーカーの方から提供いただいた品なのだが、正直、こうやって出会えたご縁には感謝しかない。

CASEFINITE製iPhoneケース「ハイブリッドプロ」とは

CASEFINITE製iPhoneケース「ハイブリッドプロ」。ケースのフレーム部分はピアノブラックとなっており、背面はすりガラスのようなスノーホワイトとなっている。

review-hybridpro_1
review-hybridpro_2

背面のホワイトは半透明となっているため、iPhoneに装着しても、Appleのロゴマークを隠すことがない。

iPhoneの傾きと光り加減で、ロゴマークが消えたり現れたりする。このちょっとした遊び心が、私の心をグッと掴んで離さなかった。

review-hybridpro_3

ケース自体は非常にスマート。重さも約25gと軽量だし、iPhone本来のフォルムの美しさが活かされるほど薄いのが良い。

review-hybridpro_4
review-hybridpro_5

全面がホワイトで仕上げられた「フロストプロ」を以前紹介したが、こちらはフレーム部分だけが黒くなっている。

このブラックがあることで、ケース全体のメリハリが出るため、スタイリッシュな印象が強いと個人的には感じている。好みの問題ではあるが、私はこっちのほうが好きだ。

極上のさわり心地と高いホールド感

CASEFINITEが販売しているケースの大きな特徴は、この肌触りだ。

つや消し処理された表面は、非常になめらかでありつつ、サラサラと心地よい感触がある。

なかなかたとえとして適切なものが見当たらないのが悔しいが、一度触れてもらえれば私の言っていることに納得してもらえるだろう。

サラサラとするのだが、滑る感じではない。手に持ったときには、きちんと手のひらに吸い付くような感覚があるので、誤って落とすような失敗はなさそうだ。

review-hybridpro_6

それはおそらく、表面の感触もそうだが、フレーム部分の形状にも要因があるのだろう。

単純にまっすぐフラットなケースではなく、ところどころに凹凸が設けられている。これがあって、手に持ったときに滑らず、きちんと手に引っかかるのだろう。

review-hybridpro_7
review-hybridpro_8

衝撃にも強い素材と構造

「ハイブリッドプロ」の大きな特徴として、強靭と柔軟のバランスに優れた素材が使われている点も挙げられる。

ぐにゅぐにゅするほうな柔らかさはないが、外からの衝撃を吸収するような弾力感を素材から感じる。

review-hybridpro_9

また、iPhoneの最も弱いとされている四隅には、エアーポケットが施されている。

クッション性を高くすることで、落下によるiPhoneへのダメージを最小限に抑えるよう設計されているようだ。

review-hybridpro_10
review-hybridpro_11

スクラッチ対策への細かい配慮がたまらない

机などに置いたとき、iPhoneの接地面が直接触れてしまうと、擦れてスリ傷の原因になる。

特に、iPhoneの画面やカメラのレンズなどの、むき出しになっているガラス面は、そんなに簡単に傷つかないとはわかっていても、守られていてほしい部分だ。

その点「ハイブリッドプロ」は素晴らしい。

フレーム部分が少しだけ……本当にわずか少しだけ、iPhoneより高く設計されているため、iPhoneが直接触れることがない。

review-hybridpro_12
review-hybridpro_13

しかもフレーム部分の素材は滑りにくくなっているので、平らな机などに置いておいても、誤って滑り落ちる心配もない。

非常に細かい点だが、こうした細部まで配慮が行き届いたプロダクトこそ "良い製品" といえるだろう。

他のCASEFINITE製品もおすすめ

CASEFINITEが販売しているiPhoneケースのバリエーションは大きく3つ。

今回紹介した「ハイブリッドプロ」と同等の性能を持ちつつ、全面がスノーホワイトで統一されている「フロストプロ」。

そして、耐衝撃性は期待できないが、その代わりiPhoneのフォルムが極限まで活かされたケース「フロストエア」がある。

どれもそれぞれに特徴があり、非常に魅力的なiPhoneケースなので、ぜひ一度レビューを見てもらえたら嬉しい。

それでは、今日はこのあたりで。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-モノ・ガジェット
-, , ,

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ