Macのメモリ管理

Mac

2021/1/30

不調なMacが即効改善!お手軽メンテ「セーフブート」とは?どうやるの?

Mac の調子が悪いときに行うべきメンテナンス作業はいくつかあります。ディスク検証とかね。 その中でもかなりの効果が期待できる上に、非常にカンタンな作業でできてしまうのが「セーフブート」。Mac を使っている人は、一度は聞いたことがあるかもしれません。 しかし、そもそもセーフブートって何でしょう?どうやるの?実行すると、どういう理由でメンテナンスされるの? ……いろいろ疑問は尽きません。 そこで今回は、Mac のお手軽メンテナンス「セーフブート」についてApple の公式ページで調べた内容をご紹介します。

99_no-category

2021/1/30

もうメモリ解放アプリはいらない!ターミナルからメモリ解放する方法

Macのメモリ消費量が増えてきた時、メモリ解放アプリを利用している方も多いかと思います。 私もずっと愛用していました。ですが、正直不安もあったんです。 メモリを開放してくれるとは言っていますが、裏でどんな処理がされているのか分からないからです。いや、だからと言って説明されたとしても、私の理解は及ばないでしょうが……。 なので最近はアプリの利用を避け、Macに最初から備わっている機能を使ってメモリを解放しています。 それは、ターミナルを使って行います。ターミナルを起動して「sudo purge」と入力すれば ...

99_no-category

2021/1/30

Macの容量を大きく占めるlost+foundファイルの正体と処理について

久しぶりに「Macの容量がいっぱいですよ警告」をもらいました。 こういう時の対応は決まっていて、アプリ「GrandPerspective」を使って、Macのハードディスクにおけるファイルの占有率を可視化します。 パッと見て、大きい四角が大容量ファイルである証拠。その中でも右の大きな四角が気になります。 「lost+found」 聞いたことも見たことも無いファイルなので、処理していいのかどうか分からず。 いろいろ調べて、最終的にはゴミ箱へ捨ててしまいました。その過程を備忘録として残しておきます。ご参考にどう ...

99_no-category

2021/1/30

Macでメモリを大量消費するFinderは定期的に再起動しよう

なんだかMacが重いなぁ……。何かが異常なほどメモリを消費している……。そんな時、大抵の場合はFinderのメモリ消費量が上がっているのが原因です。 メモリ解放アプリを常駐させているので、メモリがある一定量を下回ると自動的にメモリ開放してくれるのですが、目覚ましいほどの効果はありません。 そこで私が良くやるのが、Finderの再起動。 Finderは常に起動しているアプリケーションですのであまり意識していないかもしれませんが、定期的に再起動することで消費したメモリを解放することができます。

99_no-category

2021/1/30

無料メモリ解放アプリ「MemoryKeeper」で気をつけて欲しい落とし穴

Macのメモリ解放アプリを選ぶときに気をつけたいのは、そのアプリが「Swapfile」を生成するかどうかです。そして残念なことに、最近人気のメモリ解放アプリ「MemoryKeeper」では、メモリ開放する度に「Swapfile」が作られることが分かりました。 「Swapfile」は、メモリの一部に代替されるハードディスク上の記憶領域のこと。これが生成されると、Macのハードディスク容量を圧迫してしまいます。 つまり、「MemoryKepper」を使ってメモリ開放する度に、Macの空き容量がどんどんと奪われ ...

99_no-category

2021/1/30

SwapFileを生成しない本当に信頼できるMac用メモリー解放アプリ

最近どうもMacの容量が簡単に満杯になるなぁと思っていたら、どうやら「Swap File」なるものがボリュームを占めていたようです。 写真とか音楽をこの小スペースMacBook Airに入れている私にも原因はあるのですが、この「Swap File」も結構な容量喰いなんですよね。しかも、ある動作を起点として次々に生成されてしまうのが、また厄介な理由です。 その起点となるのが、特定のアプリによるメモリー開放。そのアプリで開放する度に、「Swap File」が生成されてしまうんです。 中には「Swap File ...

99_no-category

2021/1/30

[Mac] デスクトップに半透明で常駐する自動メモリ解放アプリ「DesktopMonitor」が超カッコいい。

Macのシステム管理アプリ、何を使っていらっしゃいますか? 私は以前は「Memory Scope」というアプリを使っていました。Macのメニューバーにメモリ状況を表示し、メモリの空き状況が一定値を下回ったら自動でメモリ解放する、とても便利なアプリです。 機能的には申し分なかったのですが、今回ちょっと浮気をしました。その相手が「DesktopMonitor」というアプリ。 DesktopMonitor 価格: ¥250 カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化 App Storeで詳細を見る 何故このアプリ ...

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ