夫婦

エッセイ ライフハック

2021/2/1

後悔の少ない生き方の秘訣と、夫婦ふたりの二子玉デート

ついこの間、妻と久しぶりのデートをした。ふたりっきりのデートだ。羨ましいだろう! 娘を家族に迎え入れてからというもの、ドタバタと賑やかない日々は楽しいんだけど、夫婦ふたりの時間なんて、ほとんどない。 太陽の照っているときなんて、まずむずかしい。月が煌々と輝き、子供が寝息を立て始めてからしか、ようやくわずかな「ぼくらの時間」が取れる程度だ。 まぁ、どこの家庭もそんなものだと思う。

エッセイ ライフハック

2021/2/1

80点で許せるくんと、100点で満足できないちゃん

ぼくと妻は、ベタな言い方をすればコインの裏表のように、正反対な性格をもっているところがある。 たとえば妻は美味しいものを先に食べる派だが、ぼくは美味しいものを取っておいて最後に食べる派だ。 妻は人とのコミュニケーションを大切にしていて、人と接することがストレス発散になるが、ぼくはどちらかというと自分の世界に入り込んで集中している時間が好きなのだ。 そして、ぼくは80点で割と満足できてしまう性格だ。たとえば一日のなかでやりたかったことのうち、8割ができていれば「よしよし。今日はそこそこ良い一日だった」と思え ...

ライフハック

2018/11/3

僕ら夫婦が「仲良いね」と言われるのは少し非常識な3つの「ない」を大切にしてるから

結婚っていいもんだ。夫婦っていいもんだ。僕はそう思っています。 しかし世の中には「結婚は人生の墓場だ」なんていう人もいる。それはとてもとても残念なことだ。こんなにも素晴らしいものを。こんなにも人生のスパイスになるものを。 正直、僕の夫婦生活は比較的うまくいっている方だと感じています。最近では「ばんかさんとこって、仲良いよね」なんて嬉しい言葉をもらうことも多い。嬉しい限りです。 それはひとえに妻の努力や性格によるところも大きいのだけれど、一部では僕の、僕らの考え方がちょっと独特だからゆえに、夫婦生活・家族生 ...

ライフハック

2016/6/15

妻が夫に手伝ってもらいたい家事・子育ては料理ではなく完結だった

先日「妻から見て、夫の家事がいつも物足りないのは、タスクへの認識が違うから。夫が点で、妻が線で捉えるから」という主旨の記事を書きました。 関連:夫の家事や子育てが一歩物足りないのは、男が点で、女は線で考えるから 書いたのはいいのですが、ちょっと自分の中でも表現しきれていないなぁと感じていまして。言いたいことは言ったのですが、伝わっていないような——。なんとも不完全燃焼な感じで。 そんな中で出会ったのが以下の記事。私が言いたかったことがよりわかりやすく、腹の中にスッと落ちる感じがしたのです。 参考:「手伝っ ...

99_no-category

2016/2/22

夕食を外で済ますと妻が怒る理由。夫婦喧嘩は時間への認識を改めると回避できる

今日ちょっと残業で遅くなるから、夕食は外で食べて帰るわ! このセリフが原因で夫婦喧嘩に発展したことがありますか?私はたびたびあります。 なぜ妻が怒るのかわかりませんでした。 仕事をしてれば急な依頼で残業を強いられることは珍しくありません。もしくは予定していた仕事量をこなせなくて、やむなく残業するとか。上司からの急な誘いで夕食がいらなくなることもあります。 そういう男の都合をわからず、たった一回の夕食をダメにしたことでそんなに怒るとは、なんて理解のない妻なんだ。 そんなことを考えたことがあるなら、それはちょ ...

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ