iPhone

ApplePayの勘違い!待機画面でもアプリ起動中でも “かざす” だけで支払いは完了する

applepay-no-tsukaikata

以前、こんな感じの記事を書きました。ApplePayでの支払いをスムーズに、スマートに実行するため、ホーム画面に「ウォレットアプリ」を置いておこうぜ!という話。

しかし後々ご指摘をいただいたのですが、実は、ApplePayの支払いにおいてiPhoneの画面は触る必要は一切ないのです。

店舗に置いてある読取機にiPhoneを “かざす” だけで、iPhoneは自動的にウォレット画面を開いてくれ、そして支払いまで済ませてくれるのです。

ApplePayでの正しい支払い方

ApplePayでの支払いを実行するのに、iPhoneを操作する必要は一切ありません。ただ読取機に “かざす” だけでOKなのです。

言葉で説明するよりも、何はともあれ以下の動画を見ていただくのが一番速くお伝えできるでしょう。

よく見ていただくとわかりますが、端末にかざす前まで、iPhoneは真っ暗なままです。

applepay-no-tsukaikata

それを端末にかざした瞬間、ウォレット画面が自動的に開きます。

これはiPhoneが待機画面のときだけでなく、他のアプリを操作しているときでも同じ。そのアプリが中断とされ、支払い画面が表示されるようになっています。

applepay-no-tsukaikata

あとはTouch IDによる指紋認証をクリアすればOK。

applepay-no-tsukaikata

これで支払いが完了するのです。

applepay-no-tsukaikata

最初からホームボタンに指を置いておくと、Touch IDによる指紋認証の時間が短縮されます。

ホームボタンに指を置いたまま、端末にかざすだけ。それだけで支払いは完了するのです。なんと便利なんでしょうね。なんて利口なんでしょうね!

ちなみに、iPhoneが認識するのはiPhoneの先端部分ですので、そこはご注意を。

applepay-no-tsukaikata

この事実を知るまで、自分は本当に不便な使い方をしていたなぁと後悔しました。ホント、もったいない時間と手間を過ごしていたと思います。

みなさんが同じ失敗をしませんように……。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-iPhone
-, , , ,

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ