01_基本と応用 02_iPhone 02_アプリの使い方・活用方法 02_基本の使い方と設定 03_ウェブブラウザ系

【iPhone】検索作業の効率化!URLバー長押しのペースト検索が地味便利

iOS9では「地味〜だけど知っておくと便利な技」が結構増えています。今回ご紹介するのも、そんな地味技。

Safariで何か検索する(もしくは特定のURLを開く)とき、URLバーをタップして、それからテキストを入力しますよね。

ここで長押ししてみてください。すると「コピーした内容で検索」がすぐにできるんです!

URLバーを長押しで「ペーストして検索」

iOS9からの新機能「ペーストして検索」。他のアプリやメールからコピーしてきた内容を、即座に検索できる便利機能です。

Safariを開き、いつも通りURLバーにかける手を一旦休めてください。そこでURLバーを長押しすると「ペーストして検索」という項目が出てきます。

Safari paste search 01

これを選択すれば、コピーしている内容で即時検索!URLをコピーしていれば、その対象ページをすぐに開くことができます。

クリップボード管理アプリとの合わせ技

iPhoneでコピーしたテキストの内容は、コピーする度に上書きされてしまいます。つまり、複数のテキストをコピペしたいなら「コピー → ペースト → コピー → ペースト……」という作業を繰り返さなければなりません。

しかし、アプリ「Copyfeed」を使えば、コピーした履歴を保存しておくことができ、その履歴を再利用することができるようになります。

Copyfeed - take control of your clipboard

Copyfeed - take control of your clipboard

Karen Ranjhaユーティリティ, 仕事効率化¥240(掲載時点)詳細・ダウンロード

通知センターのウィジェットを利用すれば、コピーした内容が履歴として残ります。そして、これらのテキストをいつでも再利用可能となります。

IPhoneでコピー履歴を通知センターから再利用できる無料アプリ Copyfeed 04


iPhoneのSafariでのウェブサーフィンが、より便利で効率的になるちょっとした便利技とアプリ。ぜひ覚えておいてください。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_基本と応用, 02_iPhone, 02_アプリの使い方・活用方法, 02_基本の使い方と設定, 03_ウェブブラウザ系
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.