01_基本と応用 02_基本の使い方と設定

ウェブディレクターならHandOff機能の便利さが一瞬で理解できるかも

iPhoneはiOS8から、MacはYosemiteから、HandOff機能が使えるようになりました。

ただ、正直私は、この機能の利便性を一切感じられませんでした。

だって、「Macで行っていた作業をiPhone(やiPad)で継続できる」ったって、Macでの作業が捗るからMacを使っているのですもん。Keynoteでの作業をiPhoneでやろうとは思わないし……。

なんていろいろ考えていたのですが、いざ使ってみて「あっ。これは超助かる」って感じる瞬間があったんです。それはウェブブラウジングをしている時、そして、ウェブディレクターとしての業務中でした。

Handoff機能の便利さ

そもそもHandoff機能ってなに?

HandOff機能は、iOS8とMacのYosemiteから使えるようになった「リアルタイム同期機能」みたいなものです。

例えば、iPhoneで作っているEメールを、Macで書き上げることができる。Macで調べているマップをiPhoneで見るなどなど。

iCloudアカウントをベースにしていて、ユーザーが行っているApple製品での作業がほとんどリアルタイムで同期されるシステムです。"デバイスの垣根を超えて" って感じ。

なので、iPhoneにかかってきた電話をMacで受けることもできます。

Safariでのデバイスチェックが超捗る

さて、上記の話を聞いても便利さがパッと染みこんでこなかった私です。

今までもデバイス間同期ってされてたから新しさも感じないし、KeynoteやNumbersでの作業をiPhoneやiPadでやろうと思わないし……などなど。なんだかパットしないなぁという印象。

ところが、Safariでのウェブページ同期には感動しました。ウェブディレクターだったら、これはホント助かると感じると思うんです。

ほら、制作したウェブページをiPhoneでチェックするじゃないですか。その時、パソコンの方に送られてきたURLに一々iPhoneでもアクセスし直す、この手間が面倒だと感じられていた方も多いでしょう。

これからは、そんな手間は不要になります。

MacのSafariで何かページを開きますね。

Handoff機能の便利さ 1

iPhoneのホーム画面を見てみると、左下にSafariのアイコンが表示されています。これを上にスライドさせます。

Handoff機能の便利さ 2

すると、今パソコンで見ていたウェブページをiPhoneで見始めることができます。

Handoff機能の便利さ 3

こんな感じで、Macでの作業をiPhoneやiPadで引き継げるのがHandoff機能。もちろん逆も然り。

今のところ活躍しているのはウェブページのスマホチェックぐらいですが、それでも大きな衝撃です。これからいろんな連携ができるようになって、より便利になるといいなぁ。

それでは、今日はこの辺りで。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_基本と応用, 02_基本の使い方と設定
-, , , , ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.