iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Lamy2000で最高の書き味のインク「JetStream」を使う最も簡単な方法。

この記事のURLとタイトルをコピーする

高級な4色ボールペンを探していけば、必ず行き着く「Lamy2000」。しかし不満は、インクの書き味の悪さでした。

Lamyの純正リフィルは、インク溜まりができたり最初の書き出しが悪かったりと、非常に使いづらい。それを解消するために、国産のリフィルに入れ替えて使っていたりもしましたが、なかなか相性の良いリフィルがないのが現状でした。

そんな中、私が最高の書き味だと思っている「JetStream」から、高級ラインナップ「Jetstream Prime」が発売になりました。

JetStreamの高級志向版ということですが、それ以上に喜ばしいニュースは、そこに使われているリフィルが「Lamy2000」などに対応できる4C規格のものだという点。

これを使えば、「外見はLamy2000、中身はJetStream」という夢の共演を実現することができるんです。

Lamy2000でJetStreamを使う方法

JetStreamの新しいラインナップ「JetStream Prime」では、使用されるリフィルが今までと違います。今まではプラスチックの軸でしたが、今回は金属の軸を使用したものに変更となりました。

IMG 0867

これは「4C規格」に対応しており、多くの多色ボールペンに入れて使用できる汎用性・互換性の高いリフィル規格なんです。

そして今回の主役「Lamy2000」のリフィルも、この4C規格に対応したもの。つまり、「JetStream Prime」のリフィルは、そのまま「Lamy2000」に使用できるということです。

実際に「Lamy2000」に入れてみましたが、全く問題ありません。今まで通り、普通に差し込めば、そのまま使うことができます。

IMG 0868

4C規格対応ならOK

さて、4C規格に対応している多色ボールペンは、Lamy2000以外にもいろいろあります。その中でも私が愛用しているのが「rotring 4in1」。

これも4C規格対応のリフィルが使える多色ボールペンなので、「JetStream Prime」のリフィルを入れて使うことができますよ。

IMG 1064

ネックは価格

「JetStream Prime」のリフィルを使うにあたって、1つだけ注意。それは、リフィルの価格です。

今までのプラスチック軸のリフィルは100円以下で買えていたのですが、今回の金属軸は値段が飛び上がり200円となっています。

ただでさえ減りの早いJetStreamで、そのリフィルの値段が高くなってしまうのは正直つらい。ランニングコストが今までの倍以上になってしまうので、その点だけはお気をつけを。

……とは言いながらも、JetStream & Lamy2000 の相性が最高なので、少し我慢して使い続けてしまうのですけれどね。

あとがき

JetStream Prime も高級志向ラインナップということですが、正直私は使う気になれない。見たことある人はわかると思うのですが、クリップ部分についてるプラスチックが非常に安っぽいんですよね。

マットな質感だったり、回転させる軸だったりと、非常に興味をそそるんですが、それだけのために5000円は払えない。それだったら、同じ価格で買える Lamy2000 を購入して、それに JetStream を入れた方がよっぽどオススメです。

是非一度試してみてください!それでは、今日はこのあたりで。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です