10_文房具

多機能ペンのシャーペンの芯がボキボキ折れる問題への3つの解決策

ジェットストリーム 4 + 1 やロットリング、Helveticaの 4 in 1 など、シャープペン機能付きの多機能ペンで、そのシャープペンの芯がボキボキ折れてしまう問題について。

普段は主にボールペンを使っているのだけれど、たまーにシャープペンを使いたくなる。でも、いざ使おうと思ったら、中に入っている芯が短く折れていて全く使えない。

どうしたら折れないのだろうか。そのために私が行っていることをご紹介します。

1. デフォルトの芯を即捨てる

デフォルトで入っている芯は、ペンを購入してからすぐに捨ててしまいます。

デフォルトの芯に何が入れられているのかは、正直わかりません。でも、今まで何本と多機能ペンを使ってきた私ですが、デフォルトの芯で性能のいいものなんてありませんでした。

そこで、シャープペンの芯はちゃんとしたメーカーブランド物にすぐに入れ替えるようにしています。

私が好んで使っているのが「uniのナノダイヤ」。

ブランド物が他にもかなり多くて、良し悪しの判断が難しいですが、他であれば「ぺんてるのアインシュタイン」と「ネオックスのグラファイト」の2つを含めて比較検討してみるといいと思います。

2. HBかBを選ぶ

芯の硬度にはHBやBなど17種類あります。Bはブラックで黒い(濃い)、Hはハード(硬い)な芯となり、そのバリエーションは以下の通り。

9H→8H→7H→6H→5H→4H→3H→2H→H→F→HB→B→2B→3B→4B→5B→6B

9Hが最も硬く、6Bが最も柔らかい。そして、中心硬度やHBとなります。

筆圧が弱めで軽く濃い芯を選ぼうとすると、2Bや4Bという選択肢になります。しかし、筆圧が強くて折れやすい人は、硬度の高いHBやBなどを選ぶようにしましょう。

3. 芯をストックには2本いれる

最後に、シャープペンの芯を多機能ペンの中に入れ過ぎないことが重要です。そしてそれは、2本がベスト

いちいち入れ替えるのが面倒だといって、ペンの中に5本も6本も入れる人がいます。昔の私です。

ストックの中に芯を入れ過ぎると、ギュウギュウに詰められてしまって芯がお互いに傷つけ合い、使う前に折れる原因となります。

また、シャープペンの出口が1つなのに対して複数の芯が出ようとすれば、芯づまりが起こってしまいます。

複合ペンに限らず、シャープペンの芯は2本入れておくのがベストなのです。

執筆後記

以上のことを守ってからは、芯が格段に折れにくくなりました。

特に「いざ使おうと思ったら、すでにバキバキに折れていた」っていう悲しい事件が起きなくなったので、みなさんにも是非気をつけてもらいたいです。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-10_文房具
-

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.