iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPhoneが「あいふぉん」で「iPhone」と出ないのはiPhoneは「あいふぉーん」だから

この記事のURLとタイトルをコピーする

IPhoneの日本語の正式名称は あいふぉーん

iPhoneの予測変換で、「あいふぉん」と入力しても変換候補に「iPhone」が出てこないこと、不思議に思ったことはありませんか?ちなみに「あいほん」でも出てきません。

IPhoneの日本語の正式名称は あいふぉーん 01

でも、それにはちゃんとした理由がありまして。実は、iPhoneの日本の正式呼称は「あいふぉーん」なのです。

IPhoneの日本語の正式名称は あいふぉーん 02

ただ、これが個人的にはこれがなかなか不便を感じる所。日常生活では「あいふぉん」と入力して「iPhone」と変換して欲しいのです。じゃあその対処法は……?

今日はそんな、iPhoneの日本語に関するお話し。

なぜ「iPhone」は「あいふぉん」では無いのか

そもそも何故、iPhoneの日本語名称は「あいふぉん」「あいほん」ではないのか。

それは、アイホン株式会社が「あいほん」の商標権を「電話機」について持っているからです。

アイホン株式会社は、愛知県にあるインターホン機器の製造販売を行っている会社。iPhoneが開発されるずっと前、1955年には、電信機・電話機について「アイホン」という商標の登録を受けています。

この関係で、Apple社は「あいほん」という商標を使えず、類似する「iPhone」「あいふぉん」という名称も使えないのです。

しかしApple社としては、日本でのiPhone普及のために、どうしても商標が欲しかった。そこで、アイホン社に交渉したんです。

その結果、アイホン社がApple社に対して、「iPhone(あいふぉーん)」の使用許諾をするという形で落ち着きました。

きっとその契約の中で、「『iPhone(あいふぉーん)』と『アイホン』は、明確に区別しなければならない」という条件もあるのでしょう。この辺りは予想でしかありませんが。

ただ、そういった経緯もあり、Apple社は「iPhone」という名称の商標登録を取れておらず、結果として「あいふぉん・あいほん」という名称での変換ができないのでしょう。

なんとも複雑な世界ですね。ちなみに今回の話は、以下のサイトを参考にさせて頂きました。

でも、「あいふぉん」で「iPhone」と変換したい

しかしながら、実生活では「あいふぉん」という呼び名の方が個人的に馴染んでいますし、そう言葉に出して呼んでいます。なのでやはり、「あいふぉん」と入力して「iPhone」と変換して欲しいのです。

ではどうするか。ユーザー辞書を活用しましょう。

iPhoneの設定アプリから「一般 > キーボード > ユーザー辞書」と進み、新規で単語登録します。そして、「単語:iPhone/よみ:あいふぉん」で登録すれば完了です。

IPhoneの日本語の正式名称は あいふぉーん 03

ちょっと面倒ではありますが、登録しておいても不便はありませんから。今まで気になっていた方は登録しておくといいでしょう。

あとがき

権利とか契約とか、商標とか著作権とか。その辺りの法律って難しいですよね。

「個人レベルでは関係ないよー」なんて昔は思っていましたが、こうしてメディアを運営していると、なかなか無視できない分野でもあります。

さわり程度でも勉強せねばー。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です