10_文房具

国産リフィルが使えるOHTO社の安価な高級風ボールペン「GIZA」は最高だった

国産リフィルが使えるOHTO社の安価な高級風ボールペン GIZA は最高だった

文房具屋で見かけた瞬間から、恋に落ちる音が聞こえました!

綺麗なシルバーに革のテイストが入っていて、メーカーがあのOHTO社ですからね。もうこれは買うっきゃ無いって思いました。

久しぶりに惚れ惚れしてしまったボールペンに出会えたので、今日はそんなお話。

国産リフィルが使えるOHTO社の安価な高級風ボールペン GIZA は最高だった 04

OHTO社製ボールペーン「GIZA」の素晴らしさよ

今回私が出会ったのは、OHTO社のボールペン「GIZA(ギザ)」です。

OHTO社。あまり聞き慣れないメーカーかもしれませんね。純粋な日本のメーカーで、ボールペンを始めとした各種筆記具を製造販売しています。以前このブログでも紹介した「リバティ」も、そのラインナップのひとつ。

国内メーカーだからなのか、この会社の出しているボールペンはとにかく安い!しかし、その値段には不釣り合いな程のデザインと仕上がりで、決して安っぽさを感じないのが特徴です。

今回私が購入した「GIZA(ギザ)」もそう。一見したら1,500円だなんて分かりません。

国産リフィルが使えるOHTO社の安価な高級風ボールペン GIZA は最高だった 01

銀色の部分はすべて真鍮(銅と亜鉛との合金)で出来ており、革の部分にはリサイクルレザーが使用されています。

国産リフィルが使えるOHTO社の安価な高級風ボールペン GIZA は最高だった 02

真鍮で出来ているからですかね。持った時の印象としては、ちょっとずっしり持ちごたえがあり、良い重量感が感じられます。

リフィルは水性で、このままでも非常に良い書き味です。

しかし、OHTO社のボールペンは海外製とは違って、日本国内の他のメーカーのリフィルが使えます。これがあるから私はOHTO社のボールペンが大好きなんです。

GIZAで使える国内メーカーリフィル

過去に私が紹介したOHTO社のボールペン「リバティ」が他国内メーカーのリフィルが使えたように、「GIZA」でも他社のリフィルが使えます。

まず、みんな大好きジェットストリーム。こちらのリフィルは無加工で使うことができました。(※4色ボールペンのリフィルとは違うので注意です)

次にSARASA。こちらはちょっと不思議だったのですが、0.4mmは無加工で使えました。しかし、0.5mmは長さがちょっと足りなかったので、バネを入れて長さを足しています。

国産リフィルが使えるOHTO社の安価な高級風ボールペン GIZA は最高だった 03

0.4mmと0.5mmで何が違うのか……。いろいろ調べてみたのですが分からず。また進展があれば追記します!

次に試したのは SIGNO RT 。こちらも無加工では使えず、バネを追加して長さを補強すれば使えました。

最後に試したのはフリクション。こちらは軸のサイズが合わず、全く使えませんでした。

今私が使っているのは、SIGNO RTの0.5mmです。ブルーブラックのインクが使いたかったのでね。

こんな感じで、ピッタリのリフィルを探したり、カスタマイズできるのも、OHTO社のボールペンの楽しみ方のひとつです。

ぜひ自分だけのお気に入りの組み合わせを見つけてみてください。

あとがき

何気なく寄った文房具屋で、久しぶりにヒットしたボールペンでした。

日本のボールペンって、みんな書き味は良いんですけど、使いたいと思える軸が全然ないんですよね。プラスチックの安っちいものばかり。

そんな中でOHTO社のものは、そこそこの高級感があるので、使っていて本当に楽しいです。安いし、ホントおすすめ。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-10_文房具
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.